ネパールの定食「ダルバート」って何? 都内で食べられるお店5選も

ネパールの代表的な家庭料理「ダルバート」をご存知ですか? 野菜が多くてスパイシー、何よりおいしいと評判で、女性の間で大きく注目されているんですよ。聞き馴染みがないという方は、ぜひこの記事で詳細をチェックしてみてください。

2019年3月29日 更新

ダルバートを構成する品々

基本的に、ダルバートは4つのおかずと食材から成り立って完成する食べ物です。ただ組み合わせされているわけではなく、ひとつひとつに名前と特徴があります。

ダル

「ダル」は小粒の豆を使ったスープで、さらっとしているのが特徴的。米飯にかけて指先で混ぜ込んで食べるのが、ネパール流です。ネパールでは、300種類にも及ぶ豆を料理に使うとのこと。主に、レンズマメや黒豆などがよく食べられています。

バート

「バート」はライスの意味で、バスマティと呼ばれるインディカ米を指します。細長くパサパサしているのが特徴です。ネパールでは白米以外に、ディロやローティも主食として食べられることがあります。

タルカリ

そして3つ目が「タルカリ」です。タルカリはおかずであり、炒めた野菜やカレーなどを指し、ジャガイモ、カリフラワーなどを中心に使用されています。

肉料理などが付くこともありますが、基本的にダルバートは野菜中心で肉類を使用しないので、付くことは一般家庭では稀なこと。ネパールでは、おかずがない場合は「ダル」と「バート」の2種類で構成されることもあります。
2 / 7
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう