バート

「バート」はライスの意味で、バスマティと呼ばれるインディカ米を指します。細長くパサパサしているのが特徴です。ネパールでは白米以外に、ディロやローティも主食として食べられることがあります。

タルカリ

そして3つ目が「タルカリ」です。タルカリはおかずであり、炒めた野菜やカレーなどを指し、ジャガイモ、カリフラワーなどを中心に使用されています。 肉料理などが付くこともありますが、基本的にダルバートは野菜中心で肉類を使用しないので、付くことは一般家庭では稀なこと。ネパールでは、おかずがない場合は「ダル」と「バート」の2種類で構成されることもあります。

サーグ

「サーグ」は、一般的な青菜の炒め物を指します。サッと火を通して青菜の色合いを残しながら、スパイスで味付けした料理です。青菜があるときに作られる、おかずのひとつと言えるでしょう。

アルツァール

ダルバートには、「アツァール」と呼ばれる辛口の漬物、薬味がつくのが一般的。大根やジャガイモを中心とした漬物で、乾燥させたグリーンピースやティンブール、焦がしたフェヌグリークなどの風味が混ざり合ったひと品です。

ダルバートの食べ方

ダルバートは、プレート上の各カレーや惣菜をお好みの量に分けてライスに盛って食べたり、初めからカレーすべてをライスにかけて食べるなど、さまざまな方法で食されています。日本のように箸やカトラリーがあるわけではなく、基本的には右手でいただきます。 一般的にレストランや食堂などでダルバートを食べる際には、料理がなくなるとおかわりが出てき出てくることが多いです。食事を終えるときには、「プギョ」と言うとダルバートは出てこなくなるので、覚えておくとよいでしょう。

東京都内でダルバートが食べられるお店5選

1. 渋谷「NEPALICO(ネパリコ)」

若者が集まる街渋谷。そんな渋谷でも大人たちがひっそりと通うのが、こちらの「ネパリコ」です。一本道に入ったところにお店があるため、若者よりもビジネスマンなどが来ることが多いようですね。 入り口にはネパールの旗が大きく印象的に置かれており、ひと目でお店を見つけることができるでしょう。一歩店に入ると、木造ベースの店内が広がっていて、少しシックな雰囲気を楽しむことができます。
Photos:12枚
ワンプレートになったダルバート
ワンプレートに盛られたダルバート
「NEPALICO(ネパリコ)」の店内
「NEPALICO(ネパリコ)」の「ダルバートノンベジ」
「ネパール レストラン カンティプール」の店内
「ネパール レストラン カンティプール」の「ダルバート」
「エスニックキッチン&バル BAIDAM(バイダム)」の店内
木製のお皿に盛られたネパールダルバート
「AMA(アマ)」の店内
「AMA(アマ)」の「Dal Bhat(ダルバート)」
「隠れ家ダイニング ラクシュミー」の店内
「隠れ家ダイニング ラクシュミー」の「タカリー族のダルバートタルカリー」
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS