ケンブリッジ

ケンブリッジシリーズは、本体もハンドルも落ち着いたツヤのある黒が特徴です。中はなめらかなクリーム色のコーティングは施されており、ハンドルはベークライト製です。
どんなスタイルのキッチンにもなじむコンテンポラリーな雰囲気が魅力のシリーズです。初めてグリーンパンを使う方にぴったりのベーシックなシリーズですね。

ミニ

ミニシリーズは名前の通り小さめで毎日の調理に使いやすいサイズです。取っ手は安全でしっかり握れるベークライト製なので、お子様と一緒にする料理の時間にもぴったり!
もちろん汚れの落ちやすいコーティングがされているので、片付けまで含めてお子様と一緒に使えますね。ただ、このシリーズはIHに対応していないので、IHを利用しているご家庭はご注意ください。

使い方のコツと注意点

調理する際の熱量に注意

グリーンパンのセラミック ノンスティックコーティングは熱伝導が非常によく、一般的なフライパンよりも効率よく熱を伝えます。つまり、グリーンパンで調理をするときは、火力をいつもより弱めにしてください。
また、ガスの場合、強火は使わず弱火から中火の間で、IHの場合は中以下で調理してくださいね。高温にしすぎると、せっかくのグリーンパン特有の加工が破壊されてしまい、元に戻らなくなってしまいます。すぐに高温になってしまうという理由から、空焚きは厳禁です。

金属ヘラはセラミック加工を痛める原因

グリーンパンの効果を長持ちさせるために、金属製のヘラやフライ返しは使わないようにしましょう。また、それらの調理器具を使って、フライパンの中で食材を切るのはNGです。
金属製のヘラやフライ返しを使うとフライパンの表面に小さな傷ができやすく、調理をするたびに傷に油が入り込んで、炭化した膜を作る原因になってしまいます。
調理器具は傷のつきにくい木やシリコン、ナイロン製を使うようにしましょう。

油の量に注意

グリーンパンを使って調理するときは、必ず少量の油やバターをひくようにしましょう。油には、食材に熱を均一に伝える役割があります。
ただし、エクストラバージンオリーブ油やオイルスプレーは、加熱時の炭化がとても速いので使用しない方がいいとのこと。また、フライパンを初めて使う時、油通しは必要ないそうです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS