テフロンと鉄でどう違う?フライパンの寿命と長持ちさせる3つのテク!

日々の料理に欠かせないフライパン。皆さんはフライパンの寿命について考えたことがありますか。テフロンと鉄で寿命はどれくらい違う?今回は、フライパンの寿命や長持ちのコツ、フライパンを選ぶ際のポイントなどについてまとめてみました。

そのフライパン、いつ買った?

毎日のお料理に必ずと言ってよいほど登場するフライパン。皆さま、今お使いのフライパンはいつ購入したか覚えていらっしゃいますか?「ずいぶん前かも」という方は、フライパンの油のりが悪くなったり、焦げ付きやすくなったりしていませんか?よく見るとコーティングが剥がれていたり……。もしかすると、それはフライパンの寿命が来ているのかもしれません。

フライパンは大体どのくらい使用したら、新しいものに買い替えるのがよいのでしょうか。ここでは、色々な素材別のフライパンの寿命や、その寿命を延ばすコツ、また注意したい使い方など、フライパンの寿命に関するあれこれをご紹介します。

フライパンの平均寿命

フライパンの寿命は、期間で言えば1年~3年くらいと言われています。ただし、フライパンと一口に言っても、素材や加工によって様々な種類があります。その種類の違いによって寿命も異なってきます。まず、主なフライパンの種類と、その平均寿命についてご紹介いたします。

テフロン・セラミック

テフロンはフッ素樹脂でフライパンを覆い、食材をくっつきにくくする加工のこと。コーティング加工されたフッ素樹脂などは使えば使うほどに剥がれてきてしまいますので、1年おきくらいに買い換えるのがよいそうです。コーティングが剥がれてきたと感じたら、早めに新しいものに換え、フライパンの良さを最大限に発揮したいですね。

鉄製フライパン

鉄製のフライパンは、他のフライパンに比べても重いというデメリットがありますが、テフロン加工などよりも寿命は長く、一生モノともいわれるほどです。値段にもよりますが、鉄製のフライパンであればコーティングが剥がれるということがないので、10年は持つと言われているそうですよ。

ストーン加工

ストーン加工とは、フッ素樹脂に大理石の粉を混ぜ、何層もコーティングを重ねる加工のことです。これにより、通常のものよりも耐久性がかなり増すのです。ストーン加工フライパンの寿命は1年~2年と言われていますが、8層コーティングのものは3年以上持つとも言われています。

ダイヤモンド加工

ダイヤモンド加工とは、フッ素樹脂にナノダイヤモンドを混ぜる加工方法のことです。こちらも、通常のフッ素加工フライパンよりも寿命は長めになり、3年以上の寿命があるそうです。商品によって差はありますが、2年ほど使用しても、焦げ付きなどは起きないそうですよ。
▼こんな最高のプチプラがあるようです!

寿命は最長!鉄製フライパンは一生モノ

主な種類のフライパンの寿命をご紹介しましたが、中でもひと際長持ちするのは鉄製のフライパンでしたね。なんと、プロの料理人も使用していると言う鉄製フライパン。使えば使うほどに味が出るフライパンなのです。その寿命は、10年以上。うまく使えば一生モノとも言われるほど長く使用できるそうですよ。

その理由としては、コーティング加工されていませんので、コーティングが剥がれる心配がないという事が挙げられます。加工しているフライパンと違い、長く使うほどフライパンに油が馴染み、焦げ付きにくくなるのだそうですよ。

鉄は重い素材なので、サイズによって扱うのが大変かもしれません。初めて鉄製フライパンを使用する場合は、少し小さめのサイズから試してみるのも良いかもしれませんね。

ちなみに鉄フライパンで調理をすることによって、料理で鉄分を摂取することができるそうですよ。長持ちで健康にもよいという嬉しいメリットがある鉄製フライパン、試してみる価値ありではないでしょうか。
▼ 鉄フライパンを上手に使うには?

フライパンの寿命を延ばすコツ

ここまでご紹介してきたフライパンの寿命ですが、やはり寿命は少しでも長くしたいですよね。使用方法で寿命は大きく異なってきます。ここからは、寿命を延ばすフライパンの使い方について見ていきましょう。

空焚き・強火はダメ

テフロン加工に用いられているフッ素樹脂は高温に弱いという特徴があります。予熱の際の長時間の空焚きや強火での炒めものなどにより、寿命を縮めてしまうので注意しましょう。コーティング加工されたフライパンは中火程度で調理できるものに適しており、予熱時間も短時間に留めておく方がよいでしょう。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう