寿命は最長!鉄製フライパンは一生モノ

主な種類のフライパンの寿命をご紹介しましたが、中でもひと際長持ちするのは鉄製のフライパンでしたね。なんと、プロの料理人も使用していると言う鉄製フライパン。使えば使うほどに味が出るフライパンなのです。その寿命は、10年以上。うまく使えば一生モノとも言われるほど長く使用できるそうですよ。 その理由としては、コーティング加工されていませんので、コーティングが剥がれる心配がないという事が挙げられます。加工しているフライパンと違い、長く使うほどフライパンに油が馴染み、焦げ付きにくくなるのだそうですよ。 鉄は重い素材なので、サイズによって扱うのが大変かもしれません。初めて鉄製フライパンを使用する場合は、少し小さめのサイズから試してみるのも良いかもしれませんね。 ちなみに鉄フライパンで調理をすることによって、料理で鉄分を摂取することができるそうですよ。長持ちで健康にもよいという嬉しいメリットがある鉄製フライパン、試してみる価値ありではないでしょうか。
▼ 鉄フライパンを上手に使うには?

フライパンの寿命を延ばすコツ

ここまでご紹介してきたフライパンの寿命ですが、やはり寿命は少しでも長くしたいですよね。使用方法で寿命は大きく異なってきます。ここからは、寿命を延ばすフライパンの使い方について見ていきましょう。

空焚き・強火はダメ

テフロン加工に用いられているフッ素樹脂は高温に弱いという特徴があります。予熱の際の長時間の空焚きや強火での炒めものなどにより、寿命を縮めてしまうので注意しましょう。コーティング加工されたフライパンは中火程度で調理できるものに適しており、予熱時間も短時間に留めておく方がよいでしょう。

金属製の調理器具で傷つけない

金属製のヘラや角ばった調理器具を使用すると、フッ素樹脂に傷がつき、寿命を縮めてしまいます。木べらやシリコン製のものを使用するようにしましょう。 またレストランなどで、ステーキを鉄板の上で直接カットする光景をご覧になられたことがあるかもしれませんが、ご家庭ではまねしないようにしてください。コーティング加工されたフライパンの場合は、傷つける原因になってしまいます。

料理を入れたまま放置しない

テフロン加工のフライパンの表面には、小さな穴が無数にあります。調理した料理をフライパンに入れたままにしていると、油や汁などが染み込みフッ素樹脂がはがれる原因になってしまいます。料理はなるべく早くお皿に移しましょう。 使用後はすぐに洗って柔らかい布巾などで水分を拭き取り、表面を乾いた状態にしておくことが寿命を延ばすコツになります。
▼フライパンで揚げ物、おすすめです!

フライパンの寿命を縮めてしまう洗い方

フライパンの寿命を延ばすためには洗い方にも注意しましょう。普段何気なくしている洗い方が、実はフライパンの寿命を縮めてしまっているかも!NGな洗い方をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ