永遠の社会問題!?「クチャラー」になる原因と不快感を抱く理由

みなさんの近くにもいるのではないでしょうか。食事中にくちゃくちゃ、くちゃくちゃ。ガムを噛んでもくちゃくちゃ。彼らクチャラーは、なぜくちゃくちゃするのか。その実態に迫ります。実は、あなたも気づかずクチャラーになってるかも?

2016年12月6日 更新

永遠の社会問題、クチャラー

いつの時代にも、どこからかやってくるクチャラー。個人的な感想は横に置いて、ネット上では「実に不快だ」「子供の時から注意されなかったの?」というような声もとても多く見られました。今回は、そんなクチャラーについて掘り下げていきましょう。

クチャラーを不快に感じる理由

某薬品のキャッチコピーではないですが、「クチャラーは社会の迷惑です」というように酷評しているツイートや、書き込みがとても多く見られました。では、なぜ私たちは人の咀嚼音を不快に思うのでしょうか。

人が咀嚼した食べ物を目で見るのであれば、ビジュアル的に不快なのはわかります。では、音はどうでしょう。やはり、咀嚼された食べ物を想像してしまうからでしょうか。調べてみると、どうやら人間は、咀嚼音を、雑音として認識してしまうそうです。要は、調和のとれていない音ということですね。では、雑音とはいったいどんな音なのでしょう。改めて見てみましょう。

雑音とは

辞書などで調べると、雑音というのは、一定の高さを持たず、不規則で不快な気持ちを起こさせる音や、騒音ということでした。騒音、つまり騒がしい音ですね。

確かに咀嚼音というのは、一定の音程ではないですね。しかし、それだけであんなに不快になるのでしょうか。どうやら個人差はあるものの、人間は、粘度の高い音に不快感を感じやすいそうです。あのくちゃくちゃとした音、確かに粘度が高めですね。

なるほど。クチャラーのくちゃくちゃとした音は、人間が本能的に嫌いな音なんですね。

しかし、咀嚼音が好きな人がいた

なにかと敬遠されがちなクチャラーですが、必ずしもそういうわけでもなさそうです。私の友人にもひとりいるのですが、咀嚼音が好きな人たちが存在するそう。私の友人は、とっても変わっている人なのですが、彼は、咀嚼音を聞きながらじゃないと寝れないんだとか。。。

気になったのでネットで調べてみると、意外にも咀嚼音が好きな人がたくさんいるじゃありませんか!そういった嗜好の人用に、咀嚼音を集めた動画まであるのだから驚きです。

しかも、その動画には、天ぷらとご飯の咀嚼音や、ハンバーガーとポテトの咀嚼音などバリエーションが豊富なのです。もし、聞きたいという方は調べてみてもいいですが、自己責任でお願いします。
1 / 4

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

makoto_kikuchi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう