ジャックオランタンの由来が鳥肌モノ!足音がしても絶対振り向くな…!?

ハロウィンの時期に飾られる、かぼちゃのジャックオランタン。なぜかぼちゃで作られているのかご存じですか?実は、ここには想像したら眠れなくなる怖いお話が言い伝えられています。ジャックオランタンの由来や、ハロウィンのたのしみ方までまとめましたよ!

2018年10月31日 更新

ハロウィンの夜は不思議がいっぱい

10月31日はハロウィンの日。最近では日本でも、仮装をたのしむ人を大勢見かけるほど、一年の中でも盛り上がるイベントになりましたよね。

ハロウィンの風物詩といえば、オレンジ色のかぼちゃ。身をくりぬいて作る、ちょっと怖い顔のジャックオランタンが家々や街にあふれます。ハロウィンといえば、このオレンジのかぼちゃをイメージしますね。でも実は、もともとはカブをくりぬいたランタンだったことをご存じでしょうか?

ジャックオランタンの由来には、ちょっと怖いお話が言い伝えられているんですよ。

そもそもハロウィンとは?

日本では、10月より前から盛り上がりを見せるハロウィンですが、本来は10月31日の夜に行われるイベント。アジア、ヨーロッパ圏に存在していたケルト人が始めたお祭りと言われています。現代では主に、アメリカ合衆国の民間行事の認識が強いですよね。

ハロウィン当日は、子供達がおばけに仮装して家々をまわり「トリックオアトリート」と言いながら、お菓子をもらうために街を練り歩きます。訪問された家では、やってきた子供のためにキャンディなどのお菓子が用意して配るのがお決まりになっています。

ハロウィンの起源

ハロウィンの起源は、古代ケルト人の秋の収穫感謝祭。 また、亡くなった霊が親族を訪ねてくると日とも言われ、日本でいうお盆にも似ています。しかし、この日は、亡くなった霊と一緒に悪霊もやって来て作物を荒らすとも言われています。

ハロウィンに仮装するのは、さまよう魔物と同じ格好をし、魔物の仲間ですよ、とアピールして難を逃れるために行ったのが始まりと言われています。子供が街を練り歩いてお菓子をもらうようになったのはかなり後のようですが、これも、魔物に扮した子供がお菓子をもらうことで魔物のご機嫌をとり、家の中まで入ってこないようにする意味があります。

実はカブだったジャック・オ・ランタン

ハロウィンの風物詩ジャックオランタンは、かぼちゃをくり抜きランタンにしたものですが、ケルト人がもともと使っていたのは、かぼちゃではなくカブをくりぬいて作ったジャックオランタンだったそう。

かぼちゃに変わったのは、ケルト人がアメリカへ移住したことが理由と言われています。カブはアメリカの土地にはなじみがない一方、かぼちゃは手に入りやすく、またランタンに加工しやすかったためだそうです。スコットランドでは、いまでもカブのジャック・オ・ランタンがあるようですよ。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kamomm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう