ローディング中

Loading...

ハロウィンの時期に飾られる、かぼちゃのジャックオランタン。なぜかぼちゃで作られているのかご存じですか?実は、ここには想像したら眠れなくなる怖いお話が言い伝えられています。ジャックオランタンの由来や、ハロウィンのたのしみ方までまとめましたよ!

ハロウィンの夜は不思議がいっぱい

10月31日はハロウィンの日。最近では日本でも、仮装をたのしむ人を大勢見かけるほど、一年の中でも盛り上がるイベントになりましたよね。

ハロウィンの風物詩といえば、オレンジ色のかぼちゃ。身をくりぬいて作る、ちょっと怖い顔のジャックオランタンが家々や街にあふれます。ハロウィンといえば、このオレンジのかぼちゃをイメージしますね。でも実は、もともとはカブをくりぬいたランタンだったことをご存じでしょうか?

ジャックオランタンの由来には、ちょっと怖いお話が言い伝えられているんですよ。

そもそもハロウィンとは?

日本では、10月より前から盛り上がりを見せるハロウィンですが、本来は10月31日の夜に行われるイベント。アジア、ヨーロッパ圏に存在していたケルト人が始めたお祭りと言われています。現代では主に、アメリカ合衆国の民間行事の認識が強いですよね。

ハロウィン当日は、子供達がおばけに仮装して家々をまわり「トリックオアトリート」と言いながら、お菓子をもらうために街を練り歩きます。訪問された家では、やってきた子供のためにキャンディなどのお菓子が用意して配るのがお決まりになっています。

ハロウィンの起源

ハロウィンの起源は、古代ケルト人の秋の収穫感謝祭。 また、亡くなった霊が親族を訪ねてくると日とも言われ、日本でいうお盆にも似ています。しかし、この日は、亡くなった霊と一緒に悪霊もやって来て作物を荒らすとも言われています。

ハロウィンに仮装するのは、さまよう魔物と同じ格好をし、魔物の仲間ですよ、とアピールして難を逃れるために行ったのが始まりと言われています。子供が街を練り歩いてお菓子をもらうようになったのはかなり後のようですが、これも、魔物に扮した子供がお菓子をもらうことで魔物のご機嫌をとり、家の中まで入ってこないようにする意味があります。

実はカブだったジャック・オ・ランタン

ハロウィンの風物詩ジャックオランタンは、かぼちゃをくり抜きランタンにしたものですが、ケルト人がもともと使っていたのは、かぼちゃではなくカブをくりぬいて作ったジャックオランタンだったそう。

かぼちゃに変わったのは、ケルト人がアメリカへ移住したことが理由と言われています。カブはアメリカの土地にはなじみがない一方、かぼちゃは手に入りやすく、またランタンに加工しやすかったためだそうです。スコットランドでは、いまでもカブのジャック・オ・ランタンがあるようですよ。

けちんぼジャックのお話

カブを使っていたというジャック・オ・ランタン。実はちょっとゾッとするお話が言い伝えられています。

昔、ジャックという名のずる賢く、乱暴者でうそつきのけちな男がいました。酒好きのジャックは、あるハロウィンの夜にも散々酔っ払い、地獄から出て来た悪魔と出会います。悪魔はジャックの魂を取ろうとしました。そこでジャックは悪魔に「魂をあげるから最期に酒を飲ませてくれ」と頼みます。

悪魔はその願いを聞き入れコインに化けて酒代を払おうとしますが、ジャックは十字架でコインを抑えつけると自分の財布に悪魔をとじ込めてしまいます。降参した悪魔は、10年間ジャックの魂を取らないと約束し、ジャックは悪魔を解放しました。

そして約束の10年後、悪魔は再びジャックの前に現れます。魂を取ろうとする悪魔に、ジャックは言いました。「最期に、あの木のりんごが食べたい」。今度こそ最期だと思った悪魔は、りんごをとりに木に登ります。ジャックはその隙に、持っていたナイフで木の幹に十字架を刻み込みました。十字架のせいで木から降りられなくなってしまった悪魔は、二度と魂を取らないと約束します。

時は経ち、ジャックは寿命でこの世を去りました。生前の行いが良くなかったジャックは、天国に行けず、仕方なく地獄へ行きますが、そこにあの悪魔が表れて言いました。「お前の魂は取らないと約束したから、お前を地獄には連れて行けない」と。
どこにも行けないジャックは困り果て、悪魔にどうしたらいいのかたずねます。悪魔は元に戻るように言いますが、生き返れるはずもなく現世にも戻れません。ジャックは仕方なく来た道を引き返そうとしますが、道は暗く冷たい闇が広がるばかり。ジャックは悪魔に灯りをくれと懇願し、悪魔は地獄の小さな炎の塊を分けてくれます。

この灯りが消えてはいけないと思ったジャックは、道端に転がっていたカブをくりぬき、その中に火を灯し、ランタンの代わりにしました。これがジャック・オ・ランタンの由来とされています。ジャックは今でもどこにも行けず、あの世の境でさまよっている のだとか……。

ハロウィンナイトの言い伝え5選

1 猫を見ると不幸に……?

ハロウィンをイメージした絵や飾り付けの中に猫の影を見たことがある人もいるのでは?実は、ハロウィンの夜に黒猫や白猫を見かけるとよくないことが起こると言われているんです。ただし、“白猫の夢”を見た場合は、吉兆なのだとか。

2 ハロウィンの夜に未来がわかるかも

ハロウィンの夜には未来が見えると言われ、いくつかの言い伝えがあります。未婚の女性ハロウィンの夜に、明かりのついていない部屋で鏡をのぞくと、そこに未来の結婚相手の姿が見えると言われています。ただし!結婚する前に死んでしまう相手だと、骸骨が見えるとか……。

また、ハロウィンの夜に枕の下にローズマリーを入れて寝ると結婚相手の夢を見ることができるというものもあるんですよ。

3 足音がしても絶対に振り向いてはいけない

ハロウィンの夜、もし背後に誰かの足音がしたら振り向いてはいけません。なぜならその正体は死者だからです。もし振り向いてしまうと、近い将来に死んでしまうことになるのだとか。

4 ディナーで沈黙は禁物

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハロウィン ケーキ

シャトレーゼから、「ハロウィン パンプキンデコレーション」が期間限定で発売!ハロウィンのかぼちゃのおばけをイメージした、かわいらしいデコレーションケーキです。その他にも、ハロウィンをイメージした様々なスイーツ…

ビュッフェ ハロウィン

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのブッフェ・ダイニング「グランカフェ」で、「オータム&ハロウィーンブッフェ」が開催!旬の食材をふんだんに使った「食欲の秋」を思う存分楽しめるメニューが日替わりで登場…

ハロウィン フィナンシェ お菓子

洋菓子店ヨックモックから、期間限定の新商品「ハロウィン フィナンシェ」と「ハロウィン ボックス」が発売!パーティや季節の手土産にぴったりな、大人も子どもも楽しめるハロウィン商品が登場します♩限定商品でハロウィ…

ハロウィン チョコレート

プレミアムチョコレートブランドLindt(リンツ)に、ハロウィン向けのチョコレートが登場!一番人気のチョコレート「リンドール」が、楽しく愉快なパンプキンやゴーストのハロウィンモチーフの限定ラッパーに包まれて発…

かぼちゃ コロッケ カレー おつまみ

秋はおいしい食べ物がいっぱい。なかでも見逃せないのが、ほんのり甘みのあるかぼちゃです。今回はホクホク食感を生かした「かぼちゃのひとくちカレーコロッケ」にしました。カレー味にして、甘みのなかにピリッとあと引く味…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

kamomm

定番よりも、つい珍しいものを選んでしまうのは ひねくれ者でしょうか...

ページTOPに戻る