コーヒーを持ち歩こう!おすすめの水筒&淹れ方のポイント

水筒でコーヒーを持ち歩くと酸化してまずくなってしまうと思っている方!いくつかのポイントを掴めば、おいしいコーヒーを持ち歩くことができますよ。今回は、コーヒーのおいしさが持続するポイントや、おすすめの水筒をご紹介します。

2017年12月6日 更新

3. 水筒界の王道「サーモスステンレススリムボトル」

ITEM

サーモス ステンレススリムボトル

サイズ:65×65×高さ190mm 重量:240g 容量:350ml

¥1,482〜 ※2018年11月13日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
水筒界での王道、サーモスの「ステンレススリムボトル」です。魔法瓶構造なので、最大6時間の保温が可能。コップ付きなので飲みやすさも抜群ですよ!軽量で持ち運びしやすい点もポイントです。

水筒のお手入れも欠かさずに!

おいしくコーヒーを飲むためには、水筒のお手入れも欠かせません。普段は食器用の洗剤で洗うだけでOKですが、週に一度くらいのペースで、水で薄めた漂白剤につけておくと匂いやコーヒーの黄ばみがきれいになりますよ。

水筒を購入するときに、匂いがつきにくいものや、口が広く中が洗いやすい商品を選ぶことも大切です。
▼水筒の詳しい洗い方はこちらをチェック

水筒にコーヒーを入れて持ち歩こう!

今回ご紹介したように上手に工夫すれば、水筒でもおいしいコーヒーを持ち運ぶことができます。お好みのマイボトルを見つけるのもおすすめですよ。コーヒーの淹れ方や、お手入れの仕方など、ぜひ参考にして水筒生活を楽しんでください!
▼お気に入りのコーヒーを見つけよう♪
▼水筒にもこだわりたい!
3 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう