ローディング中

Loading...

自分で淹れたコーヒーを水筒に入れて持ち歩きたいと思っても、時間が立つと劣化してしまいますよね。今回はコーヒーを持ち歩く際に、できるだけおいしい状態が長続きするポイントをまとめました。コーヒーにこだわりがある方、チェックしてみてくださいね。

あなたは、水筒を持ってる?

最近、エコを意識した人が増えたように感じます。お出かけ先でできるだけゴミを出さないようにしている方、多いのではないでしょうか?

特に水筒を持ち歩いている人は、よく見かけますね。自分好みのマイボトルを持ち歩いていると、それだけで気分もウキウキするもの。でも、時間が経つとどうしても味が落ちやすくなってしまいます。

今回は、水筒に入れたコーヒーをおいしく召し上がるための方法をお伝えします。

水筒にコーヒーを入れるとまずくなる?

朝、早起きして水筒にせっかくコーヒーを淹れたのに、いざ飲んでみたらものすごくおいしくない!その経験、きっとあなただけじゃないはずですよ。

それはどうしてかと言うと、水筒に入れたコーヒーは酸化しやすいことで知られているからです。長い時間コーヒーが空気に触れると、どうしても風味もテイストも悪化しやすいって、ご存知でしたか?

温度を工夫すれば大丈夫

コーヒーがまずくなる原因は、温度にもあるみたいですね。コーヒーは温度が高くなるほど酸化スピードが速くなりますから、ホットのまま水筒に注いでいる人は要注意と言えるでしょう。

どうしても水筒にコーヒーを入れたいなら、ホットよりアイスコーヒーの方がおすすめ。酸化しにくく、おいしさも持続しやすいので、まずいと感じることも少なくなるかもしれません。

まずはおいしいコーヒーを

挽きたて豆でドリップ

「チェーン店でコーヒーを頼むと高い!だから、どうしても水筒にコーヒーを入れて持っていきたい!」そんなこだわり女子のために、できるだけコーヒーの風味を損なわない方法を探してみました。ここからはそのやり方をお伝えします。

まず、水筒に入れるコーヒーは、挽きたての豆でドリップしたものを使いましょう。インスタントコーヒーよりも、こちらの方がもともとの味も香りもクオリティが高めのものを楽しめるはず。最初の品質がよければ、多少酸化してテイストが落ちても、気にせずに飲めるのではないでしょうか?

水筒に淹れる直前に豆を挽くと、より香りが持続しやすいです。「水筒に淹れるならインスタントよりも豆から挽いたコーヒー」と覚えておきましょう。

お湯の温度

ところで、おいしいコーヒーを作るコツってご存知ですか?100℃以上の沸騰したお湯を使うことは、あまりおすすめできません。コーヒーを作る時のお湯の適温は90℃となっています。一度沸騰させてから、1分程度待っていると自然とこの温度になるはずですよ。

お湯を注ぐときのコツ

また、コーヒ―にお湯を注ぐときは、中央から円を描くように、「の」の字を書くといいでしょう。こうすることでコーヒーの粉全体にお湯が行き渡り、うまく蒸らすことができるはず。コーヒーを余すところなく均一に抽出できるポイントにもなりますので、ここだけは手を抜かないようにしましょうね。

ある程度蒸らし終わったら、残りのお湯をゆっくりとコーヒーに注いでください。このときも円を描くようにすることは忘れないでください。

アイスコーヒーは水出し&濃いめで

アイスコーヒーの方が、温かいものよりも酸化しにくいとご説明しましたが、だからといって持ち歩くときの注意点がないわけではありません。冷たいコーヒーを入れた水筒を持つときは、温度の上がり下がりを防ぐことが大切です。でないと、冷たいコーヒーであっても酸化しやすくなってしまいます。

ちなみに、水筒にいれるアイスコーヒーは、水出しからすることをおすすめします。その方が始めから温度上昇を抑えることができるため、風味が損なわれる心配がないからです。

人は温度の高い食品の方が、低いものよりも強く味を感じる傾向があると研究データが出ています。アイスコーヒーはホットよりも薄く感じやすいので、いつもより気持ち濃いめで作っておくといいのではないでしょうか。

では、おいしいアイスコーヒーはどうやって作ればいいのでしょうか?用意するものを詳しくご説明すると、以下のようになります。

用意するもの

・コーヒー粉 35g(浅煎り・中細挽きがベスト)
・水 500ml
・コーヒーサーバー
・ペーパードリッパー 1枚

手順

1.コーヒーサーバーに粉と水を入れ、スプーンでゆっくりかき混ぜてください。
2.そのまま冷蔵庫でひと晩置きましょう。
3.翌日、ペーパードリッパーで濾したら完成!

本当に簡単にできるので、コーヒー好きな水筒女子の皆さん、試してみてくださいね。

カフェオレは早めに飲みきる

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

秋から冬の旬の季節になると、スーパーにはたくさんの里芋が並びます。今回は、里芋料理のなかでも特に人気の高い、煮物のレシピをご紹介!ほかの食材と合わせて作る人気のアレンジや、余ったときに使えるリメイクレシピも、…

レシピ

甘酸っぱいたれを吸い込んだ「あじの南蛮漬け」は、体に染みるおいしさ!今回は、簡単にできるあじの南蛮漬けの作り方をご紹介します。揚げないレシピや、隠し味を加えた人気アレンジレシピと、あじの南蛮漬けと一緒に食べた…

コーヒー

焼きたてチーズタルト専門店パブロ(PABLO)から、「季節の焼きたてシリーズ」として秋が深まるこの季節にピッタリの『焼きたて珈琲チーズタルト』が期間限定で新発売!クラッシュしたコーヒーゼリーが入った、優しい味…

レシピ

スタミナ満点の「レバニラ炒め」は、女性に嬉しい栄養素がいっぱいの料理。そこで今回は「レバニラ炒め」の簡単な作り方とおすすめレシピをご紹介します。美味しく作れる詳しいコツもお教えしますので、レバーが苦手な方もぜ…

レシピ

むかごをご存じですか?豆のような、コロコロとしたむかごとは?虫のような名前ですが、むかごは人気の高いあの根菜の球根です。今回は、むかごの正体と、おいしい食べ方、レシピまでご紹介します。秋にぜひ食べたいむかごレ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

ハイブリッドスイーツ スイーツ ドーナツ お菓子 まとめ

最近スイーツマニアたちの間で話題が沸騰中の、未体験の食感が楽しめて、とっても美味しい「ハイブリッドスイーツ」の進化が止まらない!そんな「ハイブリッドスイーツ」を紹介します。さらに今回は、最後に超最新のウォーナ…

まとめ

キッチンタオル、安くて可愛いデザインのものが増えましたよね。そのキッチンタオルに一手間加えるだけで新しいインテリアグッズ、キッチングッズを作ることができちゃいます♪ぜひこの記事でアイデアを見つけて試してみてく…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る