おいしい幸せ走り出す!「都電もなか」はあんこたっぷりの懐かし和菓子

都電もなかを食べたこと、ありますか?鉄道マニアにはたまらない姿・形をしたあんこがたっぷり入った最中です。厚生労働大臣賞を受賞し、味もお墨付き!都内で唯一残る路面電車の知られざる歴史、都電もなかが誕生した感動秘話をお届けします。

2017年3月14日 更新

通販でも購入できる

鉄道ファンにとって伝説のお菓子です。遠方にお住まいの方、忙しくて店舗まで行けないという方、お取り寄せも可能ですよ。ネットでの販売はありませんが、お店に電話でお問い合わせ下さい。現金書留で代金支払い後、商品が発送されます。すごろく化粧箱は14車両入り、16車両入り、20車両入り、25車両入り、32車両入りの5種類があるので、人数に合わせて選んでくださいね。

都電荒川線の沿線は名所もいっぱい

都営荒川線は「早稲田と「三ノ輪橋」を結ぶ12.2kmだけですが、面影橋は神田川、雑司が谷は鬼子母神堂、巣鴨はとげぬき地蔵、また、荒川自然公園、飛鳥山公園など、沿線には有名なお寺や桜の名所があり、古い街の風景も残っています。都電一日乗車券を購入すれば乗り放題となりますよ。都電に揺られて下町散歩はいかがでしょうか。
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう