ライター : peridot99

和歌山紀南出身ライター

和歌山紀南出身webライター。青い海、緑がいっぱいの自然に囲まれた紀南地方には新鮮な魚介類や野菜など食材も豊富。和歌山の食の魅力をご紹介します。

「ねこまたぎ」北海道では?

「ねこまたぎ」と聞いてどんな意味を想像しますか。「ねこがまたぐ?」文字だけ見ると、こうなりますよね。「ねこまたぎ」という言葉の意味を調べてみると、「魚が好きな猫でも食べずにまたいで通るほど味の悪い魚」あるいは「猫が食べるところがないほどキレイに身を食べた後の魚の骨」を表しています。 一方は「味の悪い魚」、もう一方では「おいしい魚」と真逆の意味ですが、どちらが本当なのでしょう。地域によっても意味が違ってくるようです。
例えば、北海道で「ねこまたぎ」は、「ほっちゃれ」を指しているとか。「ほっちゃれ」とは、産卵時期前後の鮭のことです。鮭は海に出て、また川に戻ってくる習性があります。川に戻ってきた鮭たちは、色は褪せ、鱗や脂も落ち、食べてもおいしくありません。そこで、「そんな魚を放ってやれ」といった意味から産卵時期前後の鮭のことを「ねこまたぎ」と呼ぶようになったそうです。

代表的な「ねこまたぎ」は「ヒイラギ」

「猫でも食べない魚」という意味の代表的なものは「ヒイラギ」です。ヒイラギは小骨が多く食べるのには向かないため、そう呼ばれているそうです。また「ねこまたぎ」のほかに「ねこ泣かせ」とも呼ばれていたとか。ヒイラギの他に、昔はイワシやサバも「ねこまたぎ」と呼ばれていました。

関西圏は北海道とは正反対

北海道で「ねこまたぎ」は「味の悪い魚」を指します。しかし関西圏ではその正反対「猫が口にできる部分がないくらい、身のない魚の骨」を意味しているのだそう。 骨だけを残してきれいに魚を食べるのは、簡単なようで意外とむずかしいですよね。魚をきれいに食べるには、箸の使い方や食べる順番がポイントだそうです。北海道と関西圏でどうして正反対の意味になったのでしょう。そこのところはよく分かっていません。

マグロのトロ「ねこまたぎ」説

日本人が一番好きなお寿司のネタは「マグロ」ではないでしょうか。その中でも「大トロ」や「中トロ」は、高級なお寿司屋さんで食べると、一貫びっくりするような値段です。どうして「トロ」と呼ばれているのかご存知でしょうか。その理由は、「とてもやわらかくて、口に入れたときに『とろっ』と、とろけるような感じがする」からだそうです。 現在では高級な魚として定着している「マグロ」ですが、アジやサバよりも価値が低く、江戸時代お刺身で食べられていたのは赤身だけで、赤身に比べてトロは腐りやすく、味が落ちるため、「ねこまたぎ」と呼ばれていたそうです。

江戸時代のトロは捨てられていた

江戸時代「トロ」は醤油漬けなどの下味がつけられていました。これは、元々は防腐のための処理だったそうです。しかし、「トロ」は脂分が多いため醤油が染み込みにくく、捨てられていたとか。今考えるともったいないですね。 相模湾で捕れるマグロは、江戸の魚河岸に運ばれる間に鮮度が落ちてしまいます。特に脂身である「トロ」の部分は、身崩れや臭みがあり食べられなかったそうです。その状態を「だんだら」や「ズルズル」と呼び、畑の肥料にされていたそうです。生の魚は鮮度が命ですからね。魚のおいしさをキープする方法が存在しなかった時代では、やむを得ないことかもしれません。
「トロ」が食べられるようになったのは、昭和に入ってからです。そのころになると、船の性能もよくなり、遠くで捕った魚も早く港に持ち帰れるようになったため、新鮮なマグロが出回り始めたからだそうです。今では、マグロを捕獲するとすぐにマイナス60度で冷凍保存ができるようになりました。なんと、2年間も新鮮なままで保存することができるそうですよ。すごい進歩ですよね。

「ねこまたぎ」と呼ばれている魚「ウグイ」

河川の上流域から下流域に生息している「ウグイ」もまた、「ねこまたぎ」と呼ばれている魚のひとつです。冬から産卵期の3~6月にかけては、唐揚げをお酢につけて食べたり、みそ田楽にして食べると美味だとか。産卵期のウグイを「アカウオ」や「サクラウグイ」と呼ぶこともあるそうです。 しかし、夏のウグイは味が落ちるので「ネコマタギ」といわれています。「ウグイ」は決して、まずい魚ではありません。野菜にも旬があるように、魚にもおいしく食べられる時期があるのですね。
Photos:3枚
ご飯と味噌汁、手前には焼き鮭
マグロの握り寿しが2貫
塩が振られた鮭の切り身
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS