愛飲家急増中!「グレンモーレンジ」のおいしい飲み方や種類を徹底解説

グレンモーレンジとは、スコットランドのハイランド地方にある湧水と、スコットランド産の大麦麦芽のみを使って作られた、希少なシングルモルトです。華やかで繊細な味わいの完璧すぎるウイスキー「グレンモーレンジ」の魅力やおいしい飲み方など紹介します。

2017年12月6日 更新

グレンモーレンジってどんなお酒?

「ターロギーの泉から引く仕込み水は硬水で、カルシウム含有量が軟水の10倍。これが発酵にプラスの作用をする」と蒸留所は説明します。

グレンモーレンジは樽のパイオニア といわれており、バーボン樽を初めて熟成に用いた蒸留所。さらに熟成の最後の期間をこだわりの樽で行う「ウッドフィニッシュ」をマーケットに投入したことで有名となっています。アメリカン・オークの原木から1本1本を選んで作るオリジナルの樽なんです。

これらのシリーズは現在「デザイナーズカスク」として人気を博しており、スタンダードラインナップのグレンモーレンジオリジナルを初めとして、それぞれが素晴らしい仕上がり、コストパフォーマンスを誇っています。

グレンモーレンジの種類と特徴

グレンモーレンジ オリジナル

柑橘の香りがさわやかなオリジナル。蒸留所が伝統を忠実に守り、ハウススタイルを堅固に維持することでこのウイスキーに魂を吹き込み続けています。スコットランドでいちばん売れているウイスキーなんですよ。

2007年におこなった大幅なリニューアルによって、それまでの定番であった10年をオリジナルという名前に変更しました。ウイスキー初心者の方や、初めてシングルモルトを飲む方でも飲みやすく、受け入れやすいウイスキー。繊細さと複雑さのバランスがとれた味わいはさまざまなシーンに対応でき、ほのかなオレンジの香りが穏やかな時間を彩ります。

グレンモーレンジというウイスキーが何なのかを発見するために、ここに戻ってくると言われるオールラウンドのウイスキーです。

グレンモーレンジ ラサンタ 12年

最上級のオロロソシェリー樽とペドロヒメネスの樽で後熟された芳醇かつ濃厚なシングルモルト。ラサンタとは情熱や温かさを意味し、ナッツや甘いスパイス、チョコレートでコーティングされたレーズンなどを思わせる温かみのある香りが特徴です。

グレンモーレンジ キンタ・ルバン 12年

ポルトガルのワイナリーで使用された良質のルビーポートの樽で後熟したミントチョコレートの風味が特徴のシングルモルト。ベルベットのような滑らかな口当たりで、甘味と辛味が複雑にバランス良く入り混じったひと品。キンタとはポルトガル語のワイナリー、ルバンはゲール語でルビーを意味します。

グレンモーレンジ ネクター・ドール 12年

希少なソーテルヌの甘口白ワイン樽で後熟されたシングルモルト。レモンと蜂蜜のような甘い風味が特徴です。レモンタルトを思わせるさわやかでクリーミーな香りと濃厚で滑らかな味わいは「ネクタードール(金色に輝く神々の果汁)」の意味とのこと。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう