ハイボールで

グレンモーレンジの本来の味わいやコクを際立たせる飲み方。炭酸ガスを逃がさないため、かき混ぜ過ぎないようにしましょう。グレンモーレンジとソーダの割合は1:3~4。レモンピールやオレンジピールとの相性も良く、爽快感がいっそう増します。

水割り、トワイスアップ

グレンモーレンジはウイスキー作りでは珍しく、硬度1900の硬水を仕込み水に用いています。そのため、日本の軟水との相性はあまり良いとは言えず、水割りやトワイスアップはオススメできませんが、海外の硬度の高いミネラルウオーターを使うといいかもしれませんね。

グレンモーレンジを飲んでみよう!

スコットランドでいちばん愛されているグレンモーレンジ。その繊細さと複雑さがバランス良く入り混じった味わいは、飲む人の感覚に訴えかけ、めくるめく官能の世界へいざってくれるんです。 柑橘系と甘いバニラの華やかな香りは、世界中のウイスキー愛飲家からも絶大な人気を集めています。さあ感覚の冒険へ。あなたも魅惑に満ちたグレンモーレンジの世界にハマってみませんか?
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS