グレンモーレンジ 18年

オリジナルとともに伝統とハウススタイルを守る嘘をつかないウイスキーと蒸留所の責任者も自信を覗かせます。最上級のバーボン樽で、じっくりと時間をかけ熟成させ、シェリー樽で再熟成した、深みの増したレアモルト。微かなシェリーの香りと芳醇な花の香り、パパイヤのようなエキゾチックな果実の香りが華やかに香る、濃厚な味わいとなっています。

グレンモーレンジ 25年

上質のオーク樽で、4半世紀以上もの長い時間をかけてじっくりと熟成された職人技の結晶。重厚で濃密な味わいは口にまとわりつくような印象があり、木いちごのような風味が豊かに香ります。

グレンモーレンジ シグネット

長年の研究を重ねたユニークな製法で作られた、革新的で型破りとも言えるウイスキー。深煎りしたチョコレートモルトを使用し、シルクのような滑らかさと、とろけるような甘さが特徴です。

グレンモーレンジのおいしい飲み方

グレンモーレンジはどのような方法で飲んだらおいしいのか、飲み方についてご紹介します。

まずはストレートで

グレンモーレンジのおいしさをダイレクトにじっくりと味わうならストレート。グラスの3分の1程度にお好みのグレンモーレンジを注ぎ、過度に酔うことを防ぐ意味でも別のグラスにチェイサーを必ず用意しましょう。チェイサーと交互に飲むと、口の中がリセットされて、ひと口ごとにおいしさを味わうことができますよ。

オンザロックで

氷とグラスが奏でる軽やかな音を楽しみつつ飲めるのがロック。ロックは冷たさが肝心なので、グラスをしっかりと冷やしておくのがコツです。まだぬるければ、グラスの中に氷と水を入れて調整するようにしてください。大きめの硬くて溶けにくい氷を使うのがポイントとのこと。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS