工作感覚で楽しい!新聞で「手作りエコバッグ」を作ってみよう

おうちに古新聞が溜まっていませんか?いま、そんな古新聞や包装紙でつくるエコバッグが人気なんですよ。お野菜の保管や、ちょっとしたお買いものなど何かと使える便利なアイテムです。お子さまと作っても盛り上がりそう!ぜひ作ってみてくださいね。

2019年10月23日 更新

イラストや写真を残すように折る

動画でも表になる面の説明があったように、表の面にどんな絵がくるのかが大事です。そして手作りなので自分の好きな面を、選ぶことができますね。

できれば大きな写真やイラストなどが来るようにうまく折って、完成度の高いエコバッグを作っちゃいましょう。新聞紙のエコバッグを作ると決めたときは、まずバックの表となる絵を探すところから始めてみてください。

持ち手に紐を通す

動画では、紐の部分も新聞紙で作成していましたが、もしあれば麻の紐などを用いておしゃれに仕上げましょう。袋に穴あけパンチで穴を開け、紐を通して大きな結び目を作って留めるなどしてみてください。

持ち手の部分が紐になるだけで、まるで売り物のようなクオリティに仕上がります。このエコバッグのために紐を購入しておけば、今後も何度も作れますし、別の用途でも使い道があるかもしれません。

カラーのページを多用する

新聞には、何ページかカラーのページもありますよね。それだけを抜き取り、表になるようにエコバッグを折ります。そうすればとてもカラフルで、新聞から作ったとは思えない、普通の紙袋のように見えるんです。お店で売っていてもおかしくないレベルですよ。

広告などがカラーページになることが多いので、イラストや写真も多く、見栄えのする見た目になりますよ。

ブランド商品の広告ページを使う

とってもありがたいことに、ハイブランドの広告は、カラーで、ゴージャスな写真などを使っているものが沢山あります。それを取っておいて、表になる部分に使用すれば「シャネルのエコバッグ?」「カルティエも?」と一瞬びっくりされるかもしれませんね。

こうしてエコに再利用されるなら、広告側も宣伝にもなって嬉しいのではないでしょうか。一面使っているカラーの広告があったら、絶対に取っておいてくださいね。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

チョビ子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう