意外においしい!広島の新名物「もみじ饅頭のお酒」が気になる

広島の新名物に、いま全国から熱い視線が注がれています。それは「もみじ饅頭味のお酒」です。トロッとした液体で、優しい甘さ。アレンジも効くので、そのまま飲む以外にも使い道があってとても便利なんです。この夏広島へ行くなら、必須アイテムですよ。

2016年8月15日 更新

ライター : チョビ子

おいしいスイーツとアジアンフードと愛犬、ついでに夫を愛する新人ライター チョビ子です。お店で食べたおいしい料理を自宅で再現することにハマっています。 でも、再現しきれていな…もっとみる

広島名物「もみじ饅頭」

宮島などの人気で、最近観光地として人気が再燃しつつある広島。もちろん、お土産といえば広島名物「もみじ饅頭」ですよね。もみじの形をした、手のひらサイズの丁度いい食べきりサイズのお饅頭です。 ふわっとした皮とやさしい甘さのあんこは、昔から変わらぬ味。食べる人をほっとさせてくれる定番の和菓子ですよね。

広島の新名物?「もみじ饅頭のお酒」が人気

そして最近、もみじ饅頭を販売する中国醸造株式会社から、「もみじ饅頭のお酒」が販売されたのです。地元の方はもちろん、観光客の方もそのめずらしさに飛びつき、人気は急上昇。今、最も気になる広島土産として、注目されています。 定番のおやつが「お酒」になるなんて、意外ですよね。一体どんなお味なのでしょうか?

もみじ饅頭のお酒ってなに?

肝心のもみじ饅頭のお酒とは、一体どんなものなのでしょうか。中国醸造株式会社が「広島土産の新定番」として開発したもので、お酒が苦手な人でも飲みやすく作ってあるそうです。 お味は、もみじ饅頭の皮のカステラの風味と、こしあんの味、とろりとした液体が特徴のお酒なんだとか。口に入れた感じは、まさに液体もみじ饅頭だそう。頭では少し想像しにくいですよね。

「もみじ饅頭のお酒」種類一覧

もみじ饅頭のお酒

まずはド定番の「もみじ饅頭味」。カステラとこしあんの風味が感じられ、甘い香りと、まろやかで濃厚な味わいが特徴です。コロンとしたまん丸のボディもとてもキュート。女性に人気が出そうです。初めての方は、まずはこの定番を抑えておきましょう。

もみじ饅頭のお酒 チョコ味

実際のもみじ饅頭にも「チョコもみじ」という、チョコレート味のもみじ饅頭がありますよね。カカオの香りと、少しだけビターな濃厚なチョコレート味を楽しめるチョコ味。チョコリキュールの「ベイリーズ」に味が似ているという意見もあります。それなら、かなりリッチな味がするのでしょうね。甘いもの好きな方へのおみやげにも、おすすめのフレーバーです。

もみじ饅頭のお酒 抹茶味

優しい緑色が特徴の、抹茶味。抹茶の苦味があり、少し大人の味になっているそうです。ほんのり優しいこしあんの風味もあり、もみじ饅頭らしさも欠かしません。和風な味わいを楽しみたいひとは、抹茶味がおすすめです。 基本的にはこの3種類なのですが、期間限定でクリーム味、桜の味などが出ていることもあるそうですよ。旅行で訪れた時期が重なれば、レア商品が入手できるかもしれません。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS