2. 温度や時間も細かく設定!ほかの発酵食品もおまかせタイプ

こちらは炊飯器のように内側に容器をセットして発酵させるヨーグルトメーカーで、細かい温度設定やタイマー機能がついています。また、サイズが大きいので、肉や魚の低温調理も可能。さまざまな料理に活用したいというかたはこちらがおすすめです! ただし容器をしっかり手入れする手間がかかったり、パックタイプに比べ価格設定が比較的高いというデメリットがあります。

3. ケフィアはお任せ!外側からあたためるタイプ

牛乳に種菌を入れて、加温マットを腹巻きのように巻き付けるだけでできるヨーグルトメーカーです。設定温度が低く、多くの場合が25℃の固定設定。そのため、ケフィアヨーグルトやカスピ海ヨーグルトを作ることに特化しているいます。 洗浄の必要もなく、使うとき以外は小さく畳んで片づけられるので、収納する際に邪魔にならないのが最大のメリット。しかし加温マットだけの単純構造ですので、温度調節やタイマー設定はできません。

パックをそのままイン!ヨーグルトメーカーのおすすめ商品3選

1. 飲むヨーグルトが作れる「アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー」

アイリスオオヤマのヨーグトメーカーです。人気のシリーズですが、こちらの「013」は、飲むヨーグルトの機能がプラスされています。パックに入った牛乳と、少量の飲むヨーグルトを使用すればあっという間にたくさんの飲むヨーグルトを作ることができますよ。

ITEM

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー 013

¥3,490

サイズ:幅約15.6×奥行約15.6×高さcm約27.4、重量:約0.63kg

※2018年12月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpおよびshopping.yahoo.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

2. スタイリッシュなデザイン「ビタントニオ ヨーグルトメーカー」

スタイリッシュなデザインの「ビタントニオ」のヨーグルトメーカーです。通常のヨーグルトはもちろん、低温発酵が必要なカスピ海ヨーグルトなど、さまざまな種類のヨーグルトが作れますよ。 さらに、30分から99時間までのタイマー機能がついているので、短い時間で作れる温泉卵から、時間のかかる天然酵母までさまざまな発酵食品を作ることができます。

ITEM

ビタントニオ ヨーグルトメーカー

¥10,789

サイズ:幅12.2×奥行13.8×高さ28cm 、重量:約800g

※2018年12月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpおよびshopping.yahoo.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

3. シンプルな機能「TO-PLAN ヨーグルトファクトリー プレミアム」

こちらは、温度やタイマーの機能がないとてもシンプルなヨーグルトメーカーです。「プレーン」と「カスピ海」のふたつのモードから選択するだけ。パックをそのまま使用するタイプの中では一番手頃な価格で購入することができますよ。 ヨーグルトメーカーを試して見たいかたにおすすめです!

ITEM

TO-PLAN ヨーグルトファクトリー プレミアム

¥2,200

サイズ:約W138×D130×H275mm、本体重量:約550g

※2018年12月19日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpおよびshopping.yahoo.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

4. 簡単設定「タイガー ヨーグルトメーカー」

タイガーのヨーグルトメーカーです。こちらも付属の発酵容器を使用すれば、簡単に甘酒や麹などの発酵食品を作ることができます。20〜60℃までの温度設定やタイマー機能がついていますが、シンプルな作りなので設定も簡単です!

ITEM

タイガー ヨーグルトメーカー

¥5,290

サイズ:幅11.5×奥行14.9×高さ26.5cm

※2018年12月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpおよびshopping.yahoo.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ