あなたに合うのはどれ?人気「ヨーグルトメーカー」徹底比較!

おうちで簡単に手作りヨーグルトが楽しめるヨーグルトメーカー。さまざまなタイプがあり比較するのがむずかしいですが、その中でもおすすめのヨーグルトメーカーをご紹介します。できたてのフレッシュなヨーグルトで、毎朝ハッピーな朝ごはんを♩

不足しがちなカルシウムをヨーグルトで補給

和食中心の日本人の食生活では不足しがちな栄養素、カルシウム。手軽にカルシウムを摂取できる食品のひとつ「ヨーグルト」は、毎朝摂取している人も多いのではないでしょうか。ヨーグルトを自宅で手軽に楽しむために、今回はおすすめのヨーグルトメーカーをご紹介します。おうちヨーグルトで、整腸生活をはじめましょう!

ヨーグルトメーカーを使うメリット

ヨーグルトは買って食べる方も多くいらっしゃいますよね。週に何回かヨーグルトを食べる、という方にはヨーグルト製品を買うよりも、ヨーグルトメーカーでおうちで作るほうがおすすめです。ヨーグルトメーカーで自家製ヨーグルトを楽しむメリットをご紹介します。

できたてヨーグルトが食べられる!

ヨーグルトは発酵食品です。つまり乳酸菌がきちんと働いてできたヨーグルトは、当然添加物もありませんので、安心して食べることができます。また、サラサラの牛乳から徐々に作られていくヨーグルトは、酸味と風味が市販のものより濃厚です。食材として利用する幅も広がりますし、できたての風味を毎日楽しめるのはうれしいものですよ。

お店で買うより安い!

ヨーグルトにはいろいろな価格帯がありますが、一般的に販売されているプレーンヨーグルトを基準に値段の比較をしていきますね。

ヨーグルトのひとパック(400g)は250円前後です。牛乳からヨーグルトを作る場合、初回は種菌の代金がかかりますが、2回目以降は自家製ヨーグルトの種菌で作り継いでいけるため、牛乳代だけでヨーグルトができます。

つまり100gあたりにすると、ヨーグルトを買えば60円、自家製だと半額以下の28円です。定価で比較してこの価格差ですので、実勢価格だともう少し自家製のほうが安くなります。

3タイプあるヨーグルトメーカー

ヨーグルトメーカーには使い方によって3つのタイプに分けられます。使い方や容量がすこしずつ違いますので、ライフスタイルや作る量によって、ご自身に合うタイプを選んでみてください。

【タイプ1】そのままイン!牛乳パックを機械にセットするタイプ

もっともお手軽にできるのが、牛乳パックをそのままセットして発酵させることができるヨーグルトメーカーです。パックに種菌を入れてメーカーにセットすれば、8時間後にはおいしいヨーグルトになりますよ!

圧倒的に楽な反面、作る量が調節できず温度が調節できないものが多いため、乳酸菌の種類別に作ることができません。

【タイプ2】ほかの発酵食品も手軽に!内容器+本体のタイプ

炊飯器のように内側に容器をセットして発酵させるヨーグルトメーカーで、細かい温度設定やタイマー機能がついています。また、ほかの食材を入れて納豆やパンの自家製酵母など、ヨーグルト以外にもさまざまな発酵食品を作ることもできるので、幅広い発酵食品を楽しみたい方におすすめです。

ただし容器をしっかり手入れする手間がかかったり、価格設定が比較的高いというデメリットがあります。

【タイプ3】ケフィアはお任せ!外側からあたためるタイプ

牛乳に種菌を入れて、加温マットを腹巻きのように巻き付けるだけでできるヨーグルトメーカーです。設定温度が低く、多くの場合が25度の固定設定です。そのため、ケフィアヨーグルトやカスピ海ヨーグルトを作ることに特化しているといえるでしょう。

洗浄の必要もなく、使うとき以外は小さく畳んで片づけられるので、収納する際に邪魔にならないのが最大のメリットです。しかし加温マットだけの単純構造ですので、温度調節やタイマー設定はできません。

3つのタイプから選ぶときのポイント

特集

SPECIAL CONTENTS