はっさく大福の作り方

八朔の皮を剥き、実を取り出します。白花豆をフードプロセッサーでなめらかにしてから、水と砂糖を入れて火にかけます。好みのやわらかさになったら火を止め、6等分しておきます。八朔の実を白餡で包みます。耐熱ボールに白玉粉、砂糖、水を加え、木べらなどでしっかりと混ぜ、電子レンジでチンします。できあがった餅生地で白餡を包み込めばできあがりです。 もちもちの大福にするため、生地をしっかりと混ぜることがポイントですよ。

旬だからこそおいしい!

いかがでしたか?八朔の季節はそろそろ終わってしまうので、早く食べておきたいですね。はっさく大福がおいしいのは、季節、原材料、手法にこだわっているからということがよくわかりました。広島から全国に広がりつつある、はっさく大福は一度食べてみるべき銘菓です。名店で購入してみるもよし、自分で作ってみるもよし、はっさく大福をぜひ味わってみてくださいね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ