あの有名ソムリエも絶賛する名物「はっさく大福」ってどんなお菓子?

みなさんは「はっさく大福」をご存じでしょうか。はっさくの果実を白餡とみかん餅で包んだ大福です。今回は、有名人たちが愛してやまない「はっさく大福」の魅力や、「はっさく大福」が購入できる人気のお店などを紹介いたします。

2016年8月23日 更新

フレッシュな銘菓「はっさく大福」

八朔発祥の地で生まれた銘菓

八朔は広島県の因島(いんのしま)が発祥の果実です。そしてはっさく大福は1983年、因島大橋が完成したのを機に、フルーツ大福の一種として開発された歴史と伝統のある名物餅です。広島では、今や、はっさく大福の知名度は、広島名物「もみじまんじゅう」に勝る勢いだとも言われています。

はっさく大福とは剥いた八朔の果実を白餡で包み、それをみかん餅で再度包んだ、八朔そのものを表現した商品です。旬の八朔を使用しているため、販売期間は10月中旬から翌年8月中旬まで。夏が終わると、八朔が実る秋が待ち遠しいわけですね。また、生の果実を使用しているため、賞味期限は冷蔵庫で3日と短いので注意が必要です。

はっさく大福の元祖は「かしはら」

はっさく大福は「かしはら」の二代目が考案した柑橘系フルーツ大福のひとつです。もち菓子の「かしはら」は1941年、八朔発祥の地・因島に誕生しました。「かしはら」の柑橘大福はすべて、蒸した温州みかんと餅米を石臼と杵でついたみかん餅で作られています。

ソムリエの田崎真也氏と作家の内館牧子氏ははっさく大福の評判を聞き付け「かしはら」を訪れたことがあるそうです。両氏は『田崎真也ワイン誌』と『絶品お取り寄せ手帳』で、はっさく大福を絶賛しています。両氏お墨付きの逸品なんですね。

もち菓子「かしはら」のはっさく大福

はっさく大福ができるまで

因島特産のフルーツを使ったお餅を開発するなか、因島が発祥の地である八朔を商品化しようと、八朔の皮を使用してみたり、こし餡、つぶ餡、白餡を試すなど、ずいぶんと試行錯誤したようです。また、はっさく大福で使われている八朔は、皮剥きから果実の取り出しまですべて職人さんの手作業でおこなわれています。そうした努力があって、おいしいはっさく大福が完成したんですね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう