フラペチーノとは…?意外に知らない作り方&名前の意味を解説!

スターバックスの人気商品「フラペチーノ」。何気なく耳にして何気なく飲んでいる方が多いと思いますが、そもそもどんな飲み物なのでしょうか。今回は、フラペチーノの意味や作り方の定義、さらにスタバの定番フラペチーノを徹底解説します!

2019年4月9日 更新

そもそも、フラペチーノとは?

「フラペチーノ」と聞くと「スターバックス」を想像する方がほとんどですよね。よく耳にするフレーズですが、作り方に定義はあるのでしょうか?

フラペチーノとは、コーヒーやクリームなどに氷を加えてミキサーで撹拌し、フローズン状にしたもの。クリームのなめらかさのなかに、しゃりしゃりとした氷の食感が合わさったドリンクです。

フラペチーノはスターバックスが考案した名前で、商標登録商品なんですよ。

「フラペチーノ」の意味

フラペチーノという言葉は、フラッペとカプチーノを合わせた造語。フラッペ(frappe)はフランス語で、砕いた氷にリキュールなどの洋酒をかけた飲料のことを指します。カプチーノ(cappuccino)はイタリア語で、クリーム状に泡立てたミルクを加えたコーヒーを意味します。

「シェイク」と「スムージー」との違い

フラペチーノに似た飲み物の種類はほかにもたくさん。よく聞くものとして「シェイク」や「スムージー」がありますよね。どれも夏に飲みたくなる冷たいドリンクですが、作り方や材料が少しずつ違うんです!

シェイクとは

シェイクは牛乳やアイスクリームなどの乳製品に、シロップなどで味や香りをプラスしたもの。氷を使用していないのでフラペチーノのようなシャリシャリ感はなく、なめらかな舌触りが特徴的です。
1 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう