手軽におしゃれ感。「フードパック弁当」のアイデア特集

紙やプラスチックの簡易お弁当箱「フードパック」。今は100円ショップでもおしゃれなものが出ていて、使いやすく、お弁当を引き立ててくれる名わき役として大人気なんです。みなさんの活用術などご紹介しますね。あなたもふだんのお弁当作りにぜひ。

2019年4月4日 更新

お手軽な「フードパック弁当」が人気!

おしゃれなお弁当を演出したいときにぴったりなフードパック。食べ終わったら、コンパクトにして持って帰ったり、その場で捨てることもできるので、荷物が多いときにも便利ですよね。Instagramでも「#フードパック」というハッシュタグがあるほどで、それぞれ工夫をこらしたフードパックのお弁当を投稿されていますよ。

では、どんな風にお弁当でフードパックが利用されているか、一緒に見ていきましょう。

みんなのフードパック弁当アイデア

定番のフードパックで

こちらの透明なタイプのフードパックは、もっともよく見かけるタイプではないでしょうか?スーパーのお惣菜コーナーでも、このようなフードパックが置いてあって、好きな惣菜を詰めてあとでお会計するシステムが多いですよね。

鮭とたらこのおにぎり、とりささみのパン粉焼き、茄子とピーマンの炒めものなど栄養バランスよくまとまっていますね。

紙のフードパックも使いやすい

紙の素材でできたフードパックも人気です。ワックスペーパーを中に敷けば、おしゃれ度もアップしますね。肉巻きやれんこんの飾り切り、彩りを考えると、自然と栄養バランスも整います。ご飯とおかずの間は菜の花のお浸しで、なるべくご飯に味が染みないおかずで仕切りましょう。

セリアのフードパックでセンスアップ

100円ショップ「セリア」で販売されている紙のフードパックです。こちらもワックスペーパーを敷いて、おにぎりやウインナー、エビカツ、卵焼きなどを敷き詰めています。まるでテイクアウトのカフェめしみたいで素敵ですよね!フルーツのさくらんぼもキュートです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう