ローディング中

Loading...

京都を代表する銘菓「おたべ」は、おみやげランキング上位にランクインする定番みやげのひとつ。しっとりなめらかな生地に身をまとったあんの甘みは、どこか懐かしさすら感じるやさしい味わいです。おたべの発祥から季節限定のお味まで細かくご紹介します。

京都の定番土産おたべとは?

京都の定番土産おたべとは?

Photo by KoBoZaa / Shutterstock.com

年間5,000万人以上の観光客が訪れる日本屈指の観光地、花の都・京都。みなさんご存知であろう将軍・源頼朝が鎌倉幕府を開いたとされており、日本の古い面影が今なお残る歴史ある街なのです。

長きに渡って日本文化の中心地だった京都には、京野菜やおばんざい、和菓子などの食文化が深く根付いています。古の雰囲気ただよう京都観光の定番土産と言えば、おたべ。指折りの観光スポット嵐山界隈のお土産ショップには、バリエーションに富んだおたべがところせましと並べられています。

今回は、京都を代表する銘菓、おたべについて詳しくお伝えします。

京都銘菓おたべ

それではまず、おたべの発祥についてご説明しましょう。

そもそも、おたべの製造会社である「株式会社美十(びじゅう)」は、京都府京都市南区に本社を置いている、八ツ橋などを製造販売する日本の製菓会社です。ちなみに会社の名前の由来は、創業当初は喫茶店の経営業務で、その屋号が「美十」であったからだと言われています。

ではなぜ、おたべが京都の代表銘菓として名をはせるようになったのか。実は八ツ橋を焼く前のあの、なめらかでしっとりした生地をそのまま食べるとおいしいと、八ツ橋屋さんの間では広く知られていたのだそうです。また、その生地につぶあんをはさんで食べると、なおおいしかったんだとか。

そして昭和41年に新たな店舗をオープンするタイミングで、八ツ橋屋さんも唸るおいしさのつぶあん入り生八つ橋が、おたべとして新たに誕生したと言われています。やがて、京都を代表する銘菓として世間に浸透していきました。みなさんご存知のおたべには、このような知られざる歴史があったのです。

ちなみに、おたべが誕生する半年以上も前から、そのネーミングは考案されていたと言われています。誰でも手軽に作れる上に見た目がかわいいという理由から、三角の形が選ばれたそうです。

おたべと八ツ橋の違い

お土産ショップに行くと、おたべと八ツ橋両方とも非常に数多くの種類が陳列されています。そもそもおたべと八ツ橋の違いとは一体何なのか、詳しくお話します。


八ツ橋は生八つ橋と八つ橋、この2種類が販売されています。生八つ橋は、米粉や上白糖、ニッキなどを主原料とした生地を蒸し、薄く切ったもの。お餅の皮のようなしっとりした食感と、ほんのり香るニッキの香りが特徴です。

続いて八ツ橋は、一般的には「焼き八つ橋」と広く認識されており、短冊形にカットした生地を、窯と呼ばれる鉄板を使って焼き上げていきます。瓦せんべいのようなパリパリした食感と、独特なニッキの風味が幅広い世代に人気です。

そして今回ご紹介するおたべは「株式会社美十(びじゅう)」が製造している商品。二つ折にした生八つ橋の生地のなかに、あんを包んだものが定番商品となっています。

上記で述べた内容をまとめると、ふたつ折の生地が生八つ橋、焼いたものが八ツ橋、生八つ橋の生地にあんを入れたものがおたべ、という具合にジャンル分けされているのです。

おたべの種類

おたべと八ツ橋の違いがわかったところで、現在京都市内で販売されているおたべのラインナップを、写真とともにご紹介します。

おたべ

10個入(500円/税別)

10個入(500円/税別)

オーソドックスのおたべ。生地に使うもち米は、ゆっくり時間をかけ石うすでていねいについて作っています。生地に入れるあんは、ふっくらした北海道あずきを使用。そして福井県の新鮮なおいしいお水で、丹精込めて炊き上げています。

お茶のおたべ

にっき抹茶詰め合わせ10個入(500円/税別)

にっき抹茶詰め合わせ10個入(500円/税別)

日本人に馴染みの深い抹茶を練り込んだおたべ。こちらの商品は、抹茶の味を引き立たせるため、ニッキ不使用なんだそう。甘みたっぷりのつぶあんと、噛んだ瞬間ほのかに香るお茶の風味はなつかしい味わいです。

チョコあんおたべ

10個入り(600円/税別)

10個入り(600円/税別)

スイートチョコレートと白あんを組み合わせたチョコレートあんを、ココアパウダーを練り込んだ生地でふんわり包み込んだひと品。リッチで濃厚な口どけのチョコレートと、もちもち食感がクセになる生八つ橋が相まって、絶妙なハーモニーを奏でます。

こたべ

数年前から販売が開始されたというこたべは、ひと口サイズのおたべ5個入り。コロンとした見た目はもちろん、ポップな色合いと京都の風情を感じられるパッケージは、ちょっとした差し入れや手土産にぴったりです。

季節のおたべ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スタバで縁結び!? 出雲大社店限定「めのう柄マグ」は世界に一つだけの美しさ♩

マグカップ お土産

島根県で唯一のスタバコンセプトストア「出雲大社店」へ足を運んだことはありますか?こちらの店舗では、島根特産のめのうをイメージして作られた「izumoマグ」が大人気なんです。今回は「izumoマグ」の魅力、通販…

神戸の中華街「南京町」散策♩食べ歩きやランチでグルメ散策

神戸 食べ歩き ランチ お土産

日本3大チャイナタウンとして知られる神戸の中華街「南京町」。神戸に来る観光客がランチや食べ歩きのために訪れるグルメスポットとしても有名です。中華料理の名店から点心を販売する露店やお土産店など、南京町で評判のお…

一日300個以上売れる!京都「宗禅」の『串わらび』は新感覚のもっちり和菓子♩

和菓子 京都

最近は固定概念にとらわれない、進化形のスイーツがたびたび話題になります。今回ご紹介するのは、京都を代表する和菓子「わらび餅」までもが進化してしまったという、「宗禅」の串わらびです。人気の通販サイトも合わせてご…

こんな綿あめ初めて!京都「ジェレミー&ジェマイマ」はSNS映え120点♩

京都 和菓子 スイーツ

着物で京都観光を楽しみたい方必見!今インスタで話題の最先端カフェ「ジェレミー&ジェマイマ」で素敵な写真を撮影しませんか?今回は、祇園四条の1号店・古川町商店街2号店の情報に加え、話題の綿あめと夏季限定かき氷の…

信玄餅がサクサクに!?「桔梗信玄ビスキュイ」が山梨限定でお出まし♩

お土産 クッキー まとめ

桔梗信玄餅でおなじみの桔梗屋から「桔梗信玄ビスキュイ」が新発売!発売したてということで、その存在をまだご存知ない方も多いはず。今回は気になるお味や販売場所、通販の有無など、チェックしておきたい情報をまとめてご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

バター界激震!リッチな気分が味わえるおいしい極上バター5選

調味料 パン バター まとめ

今回は近くのスーパーや、通販などで手に入る本当においしいバター5選をご紹介します。濃厚で芳醇な香りが楽しめるものや、ミルキーな味わいが特徴のバターなど、個性豊かなバターを集めました。毎日のプチ贅沢にぜひ極上バ…

喜ばれること間違いなし!お土産にしたいおしゃれなお取り寄せグルメ「5」選

おしゃれ お土産 まとめ

ホームパーティーなど多いこの季節。手土産は欠かせない存在ですよね!今回はハイセンスで喜ばれること間違いなしのお取り寄せグルメを5つご紹介します♪是非お土産に持って行って目立っちゃいましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

嵐にしやがれでも絶賛!2017年最新「究極の冬アイス」5選!

スイーツ アイスクリーム まとめ ジェラート

今回は、人気番組『嵐にしやがれ』で紹介された「激うま冬アイス」をまとめてみました。専門店のアイスから注文が殺到しているお取り寄せアイスまで、話題沸騰中の冬アイスをたっぷりご紹介します。macaroniセレクト…

変幻自在の100均アイテム!「レースペーパー」のアレンジ術を総まとめ

普段、コースターや敷物に使うことの多い「レースペーパー」。100均で購入できるプチプラアイテムですが、実はいろんなアレンジができると大人気なんです!今回は、簡単なアイデアなのにハイセンスな、ラッピングやインテ…

スタバスリーブを集めたくなるワケとは!? 限定デザインや簡単リメイク法も♩

「スリーブ」とは、カップに付けるカバーのこと。スタバドリンクに付いてくるイメージですが、実はすべてが対象ではないんです!また、時期や場所限定のデザインがあったり、スタバスリーブをリメイクしている人もいるとか。…

ページTOPに戻る