カロリーオーバーに気をつける

スナッキングでは、適量の間食を摂ることで一日の摂取カロリーを結果的に減らす、という目的があります。そのため、一日の総摂取カロリーはそのままに、食事を摂る回数だけを増やすように心がけましょう。

スナッキングにおすすめの食品

上記の効果を実感するためにも、3つのポイントをクリアした食品を摂るようにしましょう。 1. 食物繊維やタンパク質が多い食品 2. 噛みごたえがある食品 3. ビタミンやミネラルの補給ができる食品 具体的には、以下の食品がおすすめです。

ナッツ類

アーモンドやくるみ、カシューナッツなどのナッツ類は、オレイン酸などの不飽和脂肪酸を含んでおり、各種ビタミンやミネラルも豊富。噛みごたえがあって少量でも満足感を得やすいので、スナッキングにぴったりの食材です。

ドライフルーツ

生で食べるよりも効率よく栄養を摂取できるドライフルーツも、スナッキングに最適です。フルーツは本来、皮部分に栄養成分を多く含んでおり、ドライフルーツであれば皮ごと丸々摂れる場合が多いのでおすすめ。食物繊維やポリフェノール、ミネラルがたっぷりです。

グラノーラ

朝食の定番になりつつありますが、ぜひ間食にも応用したいグラノーラ。食物繊維やビタミンにはじまり、多彩な栄養成分を含む食品です。しかも、ザクザクとした食感でお腹が満たされやすく、手軽なので慌ただしい午後の間食に向いています。

これなら続けられるかも!

制限するのではなく、食べることが今後、ダイエットの新しい考え方として定着するかもしれません。健康志向が高まっているアメリカで人気のスナッキングで、ヘルシーなダイエットを試してみませんか? スナッキングは女性らしい体型作りに、きっと役に立つはず。我慢が必須の制限系ダイエットは卒業して、間食できれいに減量を目指しましょう。
▼我慢するダイエットはもう古い!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS