お肉を我慢する時代は終わった!「ステーキダイエット」でおいしく理想の体型に

ステーキを食べるだけで余計な脂肪を撃退する「ステーキダイエット」が一躍ブームとなっています。豊富なタンパク質が体に溜まった脂肪にアプローチし、代謝を上げてやせやすい体質に引き上げてくれるんです。自宅でできる下ごしらえもご紹介しますよ。

ステーキでダイエットができる?

”がっつり食べたいなぁ〜”と感じたときに食べるステーキ、この上ない幸せを感じるほどのおいしさですよね。ちなみにもしもこのステーキを、ダイエットとして食べていいよ、と言われたら、あなたはどうしますか?

実践してみよう、と思うよりもまず先に普通は、え……?と一瞬耳を疑ってしまいます。

これまでは、できるだけカロリーを抑えたり、食事を制限したり、特定の食べ物だけを食べ続けたりと、割りとストイックなダイエット方法が度々もてはやされてきました。そんな中、お肉すなわちステーキを食べて減量が叶う「ステーキダイエット」が人気を博しています。

ステーキでダイエットなんて太るに決まってるじゃん、減量なんてできるわけない、と思い込んでいるそこのあなた。いいえ、できるんですよ。あなたのあり得ないを覆す、「ステーキダイエット」の気になる魅力に迫ろうと思います。

ステーキダイエットとは

そもそも「ステーキダイエット」とは、ここ数年世間を賑わせている糖質(炭水化物)を制限するダイエットの進化版。ようするに、糖質の量を最小限にセーブして、質の高いタンパク質を積極的に摂ることで減量を目指すダイエット方法です。

ステーキと聞くと、ダイエットとはかけ離れた存在、むしろダイエットと結びつける人はほぼいない思います。でも実は、ステーキの元となるお肉に含まれる豊富なタンパク質をコンスタントに摂ることで、ダイエット効果が期待できるというわけ。意外な食材がダイエットに役立つなんて、ちょっとびっくりですよね。

ステーキダイエットの効果

気になる「ステーキダイエット」で得られる効果について、下記で詳しくご紹介します。今度友達や家族、会社の同僚とステーキを食べる機会があったら、自慢気に教えてあげてください。

脂肪燃焼をサポート

赤味のお肉に多く含まれる「L-カルニチン」は、私たちが生きていくために必要な栄養素です。これはアミノ酸の1種で、体の中に溜まった余計な脂肪を効率よく燃やして、エネルギーに変えてくれる働きを持っています。L-カルニチンは年齢と共に減っていくので、ステーキで簡単に補給できるんですよ。

代謝アップ

体を支える筋肉は、タンパク質で作られています。筋肉の量と体の基礎代謝は比例しているので、代謝アップがダイエット成功への最短距離と言えます。ステーキを食べれば、良質なタンパク質を補給でき、かつ脂肪が燃えて代謝があがり、やせやすい体質作りの第1歩となるわけです。

消化によるカロリー消費

ステーキを食べている最中、体の中が燃えるように暑くなったり、汗が吹き出てくるといった経験をしたことはありませんか?これは、胃腸が激しく動いて消化しにくい赤身のお肉をエネルギーとして消費しているからです。お肉を消化するとき、ジョギングに相当するくらいのエネルギー量を消費するんだとか。

満腹感

ステーキを食べたあと、お腹が減らなくて予定していたデザートを断念したり、数時間たっても満腹感が続くことがあると思います。それは、お肉の消化に時間がかかるからです。消化がかかるとは、胃の中に食べたものが長い間滞在している状態。つまり、満腹感を得られるので間食が減り、余計なカロリーを摂らずに済むんです。

ステーキの気になるカロリーは?

当然のことながら脂身が多いか少ないか、外国産か国産か、またその部位など細かい条件によってもカロリーは大きく異なります。今まであなたが好き好んで食べていたお肉、ひょっとしたら高カロリーだったかも。

参考までに、下記で各部位とそのカロリーをご紹介しましょう。今後外でステーキを食べるときは、このカロリーを頭に入れながら注文してみてください。

・サーロイン(和牛)100g 498kcal
・サーロイン(輸入)100g 298kcal
・リブロース(和牛)100g 468kcal
・リブロース(輸入)100g 263kcal
・ヒレ(和牛)100g 223kcal
・ヒレ(輸入)100g 133キkcal
・子牛リブロース100g 101kcal


このように、カロリーの違いは一目瞭然です。輸入に比べると、和牛のカロリーは相当高いですね。思いがけず和牛を食べてしまった日には……という状態になりかねません。ダイエットとして食べるときは、ぜひとも注意してくださいね。

ステーキダイエットのやり方

最初に野菜を食べる

ステーキを食べる前に、野菜を食べましょう。シャキシャキ歯ごたえのある野菜は自然と噛む回数が増えるので、脳の満腹中枢が刺激されてお腹がいっぱいになります。また、野菜に含まれる水分と食物繊維がお腹にたまります。まず野菜を食べてから、次にお肉。この順番を意識しましょう。

手のひらサイズを選ぶ

特集

SPECIAL CONTENTS