ライター : kanagon

お菓子作りとお料理が得意です。 趣味はスイーツ屋さん巡りや食べ歩きに国内旅行。

極上ステーキを名古屋で味わう

「名古屋」といえば、ひつまぶしや味噌カツなど定番料理に、ういろうなどの甘味といった数えきれないほどのご当地グルメがあることで、全国的にも有名ですよね。
そんな食文化のある「名古屋」には、実は老舗のステーキ屋さんが多くあることをご存知ですか?本格的なお肉をゆっくりと贅沢に堪能したい方はもちろん、ランチタイムにはおいしくリーズナブルに食べられるお店もあるので、気軽に足を運ぶことができるんです。
名古屋でおすすめの12軒、どれも1度は食べてみたい極上のお肉ばかりです!

1. 尾乃道(おのみち)

名古屋の有名ホテルで経験を積んだ店主の鈴木良一さんが昭和47年にオープンしたお店「尾乃道(おのみち)」。鈴木さんが広島県尾道市出身であることが店名の由来だそう。 ステーキはすべて備長炭で直焼きを貫いており、牛肉は産地や銘柄にこだわらず“A5ランク以上”のものを吟味し、2週間熟成させたものが使われています。店内は、夫婦がもてなす気さくなカウンター12席が中心。2階には16席のテーブル個室もあります。
フィレ肉のステーキ 200グラム 8,400円~
注目は「フィレ肉のステーキ」(200グラム8,400円~)。ミディアムレアの焼き加減がご主人のおすすめです。焼く前に軽く塩コショウがされているので、そのままでも十分な旨みがあります。お好みで能登の天然塩をつけてもおいしく召し上がれます。
炭の遠赤外線効果で表面はパリッと、中は蒸し焼きでふっくらとした仕上がりに焼き上がったお肉は、サシがしっかり入ったものでも脂のしつこさは一切なく、純粋な旨味を堪能できます。

店舗詳細

尾乃道 (おのみち) ・住所:愛知県名古屋市千種区春岡通7-43 ・TEL:052-763-0703 ・営業時間:{平日}12:00~14:00、17:00~23:00 {日祝}17:00~23:00 ・定休日:月曜日 ・参考URL:http://tabelog.com/aichi/A2301/A230106/23000565/

2. ステーキハウス キッチンリボン

昭和区菊園町にある老舗ステーキハウス「ステーキハウス キッチンリボン」は、昭和45年からおいしいお肉を求め続けている高級黒毛和牛と極上松坂牛のお店です。
「キッチンリボン」では、最高のおいしさと確かな品質のお肉だけが用意されています。木の温もりを感じられる店内には美しい絵画や花が飾られており、心地よく和やかな空間で食事が楽しめます。
シャトーブリアンステーキ 100g 税抜 15000円〜
人気のメニューは、最優秀牛の「シャトーブリアンステーキ」(100g 15,000円〜)。松阪牛の中でも品評会で最優秀をとったお肉です。 ゆっくりと火を入れて焼き上げる、見た目にもおいしそうな「シャトーブリアンステーキ」は、脂分が少ないからあっさりした味わいで、噛むごとにおいしさがにじみでてくる贅沢な味わいが楽しめます。
本物だからこそ、塩と胡椒だけでも充分に堪能できる、絶妙の味に焼きあがった松阪牛を「キッチンリボン」で味わってみてくださいね。

店舗詳細

ステーキハウス キッチンリボン ・住所:愛知県名古屋市昭和区菊園町4-24 菊園ビル 1F ・TEL:052-853-0181 ・営業時間:11:30~14:00、17:00~22:00(L.O.21:00) ・定休日:なし ・参考URL:http://tabelog.com/aichi/A2301/A230108/23000494/ ・公式URL:http://www.kitchen-ribbon.co.jp/

3. 鎌田(かまた)

東新町交差点から程近い「鎌田」は創業40年近く愛され続けているステーキのお店。黒毛和牛を使った炭焼きステーキの専門店です。口の中で濃厚にとろける肉厚ステーキが楽しめるとのこと。 一番おいしい状態の和牛を、ちょうどよい焼き加減で出してくれます。牛肉を焼く墨は備長炭を使っているから、墨の炎によってお肉を最もおいしく焼き上げてくれるんです。
200g弱ステーキセット 1,200円
ランチには、ライスとコンソメスープが付いたセットでお得にお肉を味わうことができます。その中でもおすすめは「200g弱ステーキセット」(1200円)。お肉は値段の割に量が多くて男性でも十分満足できるくらい。 お肉はすごくやわらかい赤身で、表面が軽く焼かれているだけだから、ひと口食べると肉の旨味が、口の中いっぱいに広がります。スモーキーな香りとステーキソースの相性も抜群です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS