東京駅No.1!空いろの『つき』はお土産に人気の和菓子スイーツ

東京駅にあるさまざまなお菓子のなかでも、和菓子店「空いろ」の「つき」がお土産和菓子で人気No.1を誇っています。「つき」は餡子を丁寧に挟み込んだクッキーサンドで、一度食べたらクセになる味なんだとか。次のお土産は、これで決まりですよ!

2017年10月18日 更新

東京駅人気お土産「空いろ」の『つき』

東京駅にはさまざまなお菓子のブランドがありますが、そのなかでも注目されているのが「空いろ」というお店なんです。これは銀座の老舗「空也(くうや)」の五代目がおこした新ブランドで、手土産にちょうどいい詰め合わせセットなども販売しています。

「空いろ」は、本店である「空也」のもつ餡へのこだわりを抽出したようなお店で、現代的にアレンジした商品がラインナップ。上品な雰囲気のなかにも遊び心のあふれるスイーツが魅力です。
老舗人気店の新ブランドとして注目されている「空いろ」。東京駅改札内の「トウキョウミタス(TOKYO Me+)」にお店があります。見た目も味もよく、幅広い年代に喜ばれるお土産なので、迷ったらここで間違いなしです!どら焼きのような和菓子だけでなく、クッキーなども販売中。パッケージもとってもおしゃれなので、センスのよいお土産になりますよ。

「空也」とは?

本店の「空也」のもなかは、銀座にたくさんある銘菓のなかでも、トップクラスのおいしさといっても過言ではない、とまで言われています。香ばしい焦がし皮と北海道の小豆を使った餡子の相性は抜群。1日7000~8000個を作るのが限度だそうで、予約をしないと食べられないほど人気です。

一番の人気スイーツ「つき」

「空いろ」の商品のなかでも人気なのが、餡子を丁寧に挟み込んだクッキーサンドの「つき」というスイーツ。これは「空いろ」自慢のつぶあんをしっとりクッキーでサンドしてあるという商品で、クッキーと餡子という新しいマリアージュが楽しめるんですよ。
「つき」の定番商品は全部で4種類。クッキー生地はプレーンと抹茶、餡子はつぶあんと白あん、と2種類ずつありますので、それぞれの4通りの組み合わせとなります。これに加えて、季節限定の餡もありますので、ぜひ定期的にチェックしてみてくださいね。

プレーンと抹茶、両方ともほろりとやさしい食感のクッキーで、上品な仕上がりに。そのクッキーに優しい甘さの餡を挟んだスイーツは間違いなしのおいしさです。
クッキーと餡子の組み合わせは、意外としっくりくるのだそう。というのも、どちらも甘すぎず、絶妙なバランスで作られているから。

クッキーは開けた瞬間から漂うバターの香りと、しっとりとした食感が特徴です。抹茶味も抹茶が主張しすぎることはなく、ほどよい風味。餡子は、塩をきかせてあるのがポイント。ただ甘みをおさえるというだけではなく、この塩味がアクセントになっています。

東京駅のお土産に迷ったら!

東京駅のお土産和菓子で人気No.1の「空いろ」。なかでも人気の「つき」は、お土産にはもちろん、自分用にも買いたくなるスイーツです。ぜひ、次回東京駅に行ったら購入してみてください。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう