濃厚クリームに夢中!長野のご当地パン「牛乳パン」が食べたい♩

ふわふわの生地の間にたっぷりと牛乳のペーストが入った、長野のご当地パン「牛乳パン」。長野県に行ったらぜひ食べておきたいグルメのひとつです!老舗の「小松パン」をはじめ複数の店舗で販売されています。もし機会があれば食べ比べしてみるといいかも!?

長野のご当地パン「牛乳パン」

パン屋さんに行けば、たくさんのパンが見つかりますが、長野のご当地パン「牛乳パン」はなかなか見つからないのかもしれません。長野県内では約20店で販売しており、昔ながらの味わいが楽しめるそうです。ふわふわの生地の間にはたっぷりと牛乳のペーストが!パン生地に牛乳を練り込んであるので、全体的にそのおいしさを堪能することができます。
長野のご当地パン「牛乳パン」は、ソウルフードとして今でも人気を集めているようです。パッケージもレトロな雰囲気が漂い、歴史を感じられるはず。長野県に行ったらぜひ食べておきたいグルメ!いくつかの店舗で販売されているので、もし機会があれば食べ比べしてみるのもいいかもしれませんね。
ネットでは「この間テレビで知った衝撃の事実。牛乳パンて、長野県にしかないとのこと。いろんなメーカーから牛乳パンがでていて店頭に並んでいるのに、にわかに信じられません」「えええ、みんな牛乳パンって知らない??長野県だけの文化って初耳」「てか牛乳パンが長野県にしかないってガチ?小さい頃から大好きで絶対全国にあると思ってたんだけど」などの声があり、長野県民は衝撃を受けているようでした。

「小松パン」のものが人気

牛乳パンはいくつかのお店が販売していて、その中でも「小松パン」のものが人気だそうです。松本城から徒歩5分ほどの場所にある小松パンは、甘いパンから食事系パンまでたくさんのパンを揃えるお店です。市内最古のパン屋とも言われ、多くの人に愛されています。

小松パン・参考URL:http://tabelog.com/nagano/A2002/A200201/20002131/
ここの牛乳パンの特徴は、何と言ってもクリーム層の厚さ!濃厚なクリームが入ったパンの存在感は間違いなしです。そのクリームはクリームパンとも違う独特の甘さがあり、一度食べるとくせになるような絶妙なおいしさ。クリームとフワフワのパン生地が一体となって引き出されるおいしさはやみつきになってしまうそうです。
このクリーム甘さもかなりしっかりとした濃厚な味わいなので、甘党にはたまりません。バターと生クリームのちょうどの真ん中くらいの味わいで、いくらでもパンが食べられそうな感じとのこと。これは気になります!

「無性に食べたくなる魔法のパン」!?

食べた人からは「松本の牛乳パン、初めて食べた。しっとりふわふわパンに、さらさらクリームがたっぷり」「牛乳パンって長野にしか売ってないのかな?長野のスーパーに売っていた小林製菓舗の牛乳パンが旨すぎて、引き返して4つもお土産に買ったよ」などの感想がありました。
長野のご当地パン「牛乳パン」は様々な場所で売っているので、ぜひ皆さんも探してみてください。お店のよってクリームの質や量が違ってくるので、食べ比べもおすすめです。きっとやみつきになるはずですよ!
▼あなたの出身地のご当地パンは?

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう