超ロングセラー!出雲のソウルフード「バラパン」ってどんなパン?

バラの花びらのような形が特徴の島根名物ご当地パン「バラパン」。島根県で愛され続けるソフルフードのひとつです!老舗の「なんぽうパン」をはじめ複数の店舗で製造・販売されている「バラパン」を今回はご紹介します。

60年変わらず咲き続ける島根名物バラパン

出雲大社など数多くのパワースポットがあることで知られる島根県。実はそんな島根県に、ひそかに話題となるようなスイーツがたくさん存在するのを、みなさんはご存知ですか? 
そのなかでも、今回みなさんにぜひご紹介したいのは「バラパン」です。「バラパン」は昭和29年に誕生し、今でも島根県出雲市の「なんぽうパン」などで製造されつづける、ご当地パン。世代を超えて愛されつづけ、2017年でなんと発売63年目になるという超ロングセラーパンなんだとか。以前、日本テレビの『火曜サプライズ』でも取り上げられ、話題になりました。

島根県民にはおなじみのパン「バラパン」とは、いったいどんなパンなのか、さっそくご紹介していきたいと思います。

なんぽうパンの看板商品「バラパン」

商品名とおりの、バラのような可愛らしい見た目です。重なった生地の間には、クリームが挟まっているのです。上の部分を波線状にすることで、巻いた時にバラのように見えるようになっているのです。

ひとくち食べれば、生地はしっとりふわふわで、ほんのり甘いクリームが口の中にひろがります。飽きのこないシンプルな味わいで、いくらでも食べられちゃうんだとか。
それもそのはず!「バラパン」に使われているクリームは、甘さとなめらかさのバランスが絶妙になるよう配合した「なんぽうパン」特製のもの。しかも1日に約2,000個製造するパンは、そのほとんどの工程を4〜5人の職人さんが手作業で行っている、こだわりのひと品なんです。
島根県内ではイオンなどのスーパーや、お土産販売所、出雲縁結び空港の搭乗待合室内の「BLUE SKYゲート店」などで販売しています。もちろん工場でも直売しているので、直接買いに行ってもOK。東京都内でも、日本橋にある島根物産展や、いくつかのスーパーに卸しているので、購入することができます。

約60年変わらぬ姿形

創業した頃に働いていた職人さんが、通勤途中に見かけたバラの花があまりにもきれいで「こんなパンが作りたい」と開発をはじめ、試行錯誤して完成させたという「バラパン」。発売から約60年以上たった今も、味・形・パッケージデザインすべてにおいて当時のままだそうです。

少しずつ地元の人々に根付いたこのパンは、現在地域の生活には欠かせないものになっているんだとか。だからこそ、その愛されつづけた味と形を守るために、機械まかせではできない、職人による手作業を大事にしているんだそうです。

まさに島根のバラと呼ぶにふさわしい“愛”のパンですね。

バラパンの種類は全部で4種類

バラパン

これぞ王道のプレーン「バラパン」。ほのかなミルク風味のバタークリームは、なめらかな舌触りで、すっきりとした味わい♩ 花びらの部分を1枚ずつちぎり、クリームをつけて食べるのが、オススメの食べ方なんだそうです。

地元で長く愛されつづける、みなさんにもぜひ食べていただきたいひと品です。

白バラパン

出典:www.instagram.com

130円(税込) 写真中央

パンの上部にアイシングをほどこして、白いバラに見立てたパン。

パンと中のクリームはプレーンの「バラパン」と同じですが、アイシングをかけている分、甘味が増しています。甘いものがお好きな方にはオススメです。「ブラックコーヒーなどと合わせてもおいしい」という声もありますよ。

コーヒーバラパン

特集

SPECIAL CONTENTS