京都「オハヨービスケット」は、やさしい味のフランス菓子が揃うお店

京都にある「OHAYO Biscuit(オハヨービスケット)」は、フランスの郷土菓子のような優しいママンの味。こだわりの原材料を使い、ひとつひとつ丁寧に作られるお菓子をテイクアウトでもイートンでも楽しめます。

ちょこんと可愛いフランス菓子

フランス菓子といえば、それひとつの中に洗練された味わいと磨かれた技が光る、ちょっと贅沢なお菓子のイメージ。実際に口に含んだときのあの幸福感は、何ものにも代えられませんよね。

今回ご紹介するのは、そんな見た目にも可愛らしいフランス菓子やビスケットなどを販売しているお店です。可愛いもの好きのあなたなら、きっと足を運んでみたくなること間違いなし!

どこか懐かしい雰囲気のお菓子屋さん

2015年3月、京都西陣エリアの住宅街にひっそりとオープンしたお菓子屋さん「OHAYO Biscuit(オハヨービスケット)」。
フランスの伝統的な郷土菓子をはじめ、ケーキや焼き菓子が種類豊富にいただけるお店は、フランスママンのどこか懐かしい雰囲気です。

アンティークな店内もホッと落ち着く

扉を開けると、ふんわり優しい甘い香りが漂います。ファーブルトンやガトーバスクなど、フランスの伝統的な郷土菓子がところせましと並ぶ店内は、小ぢんまりとしていながらも可愛いディスプレイが目を引きます。
様々な種類のある焼き菓子は、女性店主さまがおひとり作られているのだとか。丁寧に作られているお菓子は、安心して頂けるこだわりのものばかりです。
店内にはイートインスペースもあるので、甘い香りに包まれながらティータイムを楽しむこともできますよ。

テイクアウトがおすすめ

テイクアウトでいただけるお菓子は、どれもこれも可愛くて美味しい。お土産にも喜ばれること間違いありません。
どれも美味しそうだから、悩んでしまうかもしれませんね。

動物クッキー

動物シルエットのクッキーです。ヒツジやネコ、イヌ、ウマなど様々な種類がいるようで、お子様からの人気を集めています。可愛くて、食べるのがもたいないですよね。

レモンサブレ

ほんのりと優しいレモン味が口の中に広がる『レモンサブレ』。1枚1枚ゆっくりと食べたいサブレです。ブラックコーヒーや紅茶と相性が良さそう。

リュネット

『レモンサブレ』と一緒にお皿に並べられているのが、『リュネット』です。“リュネット”とはフランス語で“眼鏡”の意味だそうで、ふたつの丸い穴がまるで眼鏡のようですね。
その正体は、ジャムサンドクッキー。食べると甘酸っぱさが鼻を通り抜けます。

レーズンサンド

特集

SPECIAL CONTENTS