予約必須な人気店!京都「アウーム」の繊細な手織り寿司で舌鼓

京都の「アウーム」をご存知ですか?ここでは、京都ならではの繊細な「おばんざい」で自ら手巻き寿司を作る「手織り寿司」が話題を呼んでいるんです。斬新なスタイルで、京都女子達に注目されている「手織り寿司」の秘密に迫ります。

手織り寿司が人気「アウーム」

京都の四条烏丸から少し歩いたところに現れる「アウーム(AWOMB)」というお店。ここでは美しすぎる盛り付けで話題の「手織り寿司」が味わえるんです。外観は町家を改装した築80年ほどの落ち着いた長家で、京都らしい雰囲気が漂っています。
入り口を入ると長屋ならではの、細長い廊下があり、かわいらしい雑貨などのお土産が販売されています。「アウーム」の二階部分では、セレクトされた器など、ライフスタイルをサポートする小物の販売スペースもあるんです。
店内は、木目のインテリアで統一されていて、落ち着いた暖かい雰囲気。さらに靴を脱いで上がるスタイルなので、家にいるようなリラックスした気分になれますよ。開放感あふれる吹き抜けの天井も魅力的です。

入店方法と予約

アウームの開店時間は12:00ですが、平日でも約1時間前から行列ができる人気ぶり。今までは、ディナータイムのみ予約が可能でしたが、2017年12月からランチタイムの予約も可能になったんです!

平日だと予約をしなくても入れる日があるようですが、週末や観光シーズンには、すぐに席が埋まってしまうようです。2ヶ月前からの予約が可能ということなので、余裕をもって予定を立てることをおすすめします。

看板メニューの「手織り寿司」

看板メニューの「手織り寿司」には京都の食材を中心としたおばんさいがずらり。メニューは「手織り寿司」一種類のみ。お店のスタッフさんがネタや薬味、調味料など、ひとつひとつ説明してくれ、これを海苔とご飯に巻いてお好みで食べるのが「アウーム」のスタイルです。

こだわりの京野菜

黒のプレートにのった、「おばんざい」は繊細な作りに思わず見とれてしましますね。シンプルな菜の花のおひたしや湯葉巻き、京都ならではの、九条ネギを使った品などを食べることができます!

お刺身

手巻き寿司の定番のお刺身です。小ぶりですが新鮮な油がのった刺身が、約4種類ほど盛られています!おばんざいと一緒に食べてもよし、単品で手巻きにしてもおいしくいただけますよ。

おすすめの食べ方

おばんざいが並ぶプレートの下には、ゴマ、一味、梅肉、わさび、天然塩、ソース、みょうが、しょうが、などの調味料が。お好みの具材にお好みの調味料をつけて召し上がってくださいね。

手巻き寿司にする

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう