ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

1. いつも行列ができる名店「印度料理シタール」

検見川駅から南西へ徒歩3分ほど、検見川神社南側交差点そばに立つお店です。アーチ型の窓に施された装飾額縁が印象的な、白とエンジ色に塗り分けられた2階建の1階にある店舗。エスニックな雰囲気漂う、白を基調としたインテリアの店内に、カウンターとテーブル席が計50席ほどあります。

シタールを代表する看板メニュー。バターチキンカレー

1,518円(税込)
1981年創業のインド料理レストランで、千葉では屈指の人気と高評価を誇る名店として知られています。アラカルトからコース、ランチまでいろんなメニューがあるなかで、一番人気がこのバターチキンカレー。シタールを代表する名物で、独特な香りのスパイスを使った骨なしチキンカレーです。
店舗情報

2. 小さなお店で1時間待ちはざら「サールナート」

大神宮下駅から北へ徒歩3分ほど、大神宮下交差点へ至る房総住環に面した2階建の1階にあります。白壁に木製小窓と木製ドアがある間口の狭いお店で、赤いテントとその上のファサード看板が目印。白と木目を基調としたインテリアの店内に、テーブル席が12席だけの小さなインド料理店です。

バタチキ+カレー1種付きランチ。バタークリームセット

1,180円(税込)
小さなお店ながら、千葉では「シタール」に負けず劣らずの人気を誇る有名店です。こちらもバターチキンカレーが名物で、ほのかな酸味と甘味、スパイスが香るトマトクリームソースが絶品と評判。それに選べるカレーをプラス、ライスやナンなどがついたランチを求めて、多くの人が行列します。
店舗情報

3. 店主はシタールの元シェフ「デュワン 幕張店」

海浜幕張駅北口から北西へ徒歩17分ほど、免許センター入口交差点北のバイパス沿いにあるお店です。2階建ビルの外階段を上がったところにある店舗で、オレンジ色の壁面看板がよく目立つ外観。白を基調としたカジュアルな雰囲気の店内に、カウンターとテーブル席が30席ほどあります。

7種類から好みのカレー2種類を選べる。カリーランチ

1,030円(税込)※タンドリーチキンは別料金
シタールとサールナートを含めて、「千葉三大バターチキン」のひとつとされるお店で、やはりバターチキンカレーが有名。昼は好みのカレーを2種類選べる、カリーランチが人気があります。トマトの酸味が効いたクリーミーなバタチキをはじめ、キーマやマトンカレーなどがおいしいと評判です。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ