夏でも冷たいペットボトルを持ち歩くちょっとしたテクニック♪

今回は夏でも常に冷たいペットボトルを持ち歩くことができるちょっとしたテクニックをご紹介します。夏のイベント時などは水分補給は必須。夏を最高に楽しむためにもこの賢いペットボトルの凍らせ方を上手く活用してみましょう!

夏でも冷たいペットボトルを!

夏場にペットボトルに入った水やお茶を持ち歩いていると、どうしてもぬるくなってしまうと思います。「冷たい飲み物が飲みたい!」と、結局コンビニで買ってしまう人もいるかもしれませんね。今回は夏でも常に冷たいペットボトルを持ち歩くことができるちょっとしたテクニックをご紹介します。

賢いペットボトルの凍らせ方

外出前にペットボトル飲料を冷凍庫で凍らせておく人もいるでしょう。しかし、なかなか溶けなくて思うように飲めずにイライラ…なんてことはありませんか?そんなときは斜めに半分だけ凍らせればOKなんです!
具体的なやり方としてはペットボトルの飲み物の量を半分にし、冷凍庫の中で斜めにして冷凍させるだけ。そして出かけるまえに残りの半分を入れて持っていけばOK!半分のみ凍らせるのですぐに飲めることに加えて、斜めに凍らせることで液体との表面積を増やし、より解凍されやすいシャーベット状のペットボトルになるそうです。
このテクニックが使えるとTwitterなどで話題になっているそうです。夏のイベント時などは水分補給は必須。外で活動するときなど、夏を最高に楽しむためにもこの賢いペットボトルの凍らせ方を上手く活用してみましょう!

Twitterで話題に

このテクニックは今年の夏場にも大活躍しそうですね!さっそく皆さんもペットボトルに飲み物を入れて冷凍庫に入れてみてはいかがでしょうか?斜めに傾けるのも忘れないでくださいね!

特集

SPECIAL CONTENTS