スウェーデンのコーヒー文化「フィーカ」を取り入れて“ゆとり時間”を作ろう♩

スウェーデンといえば、福祉の先進国であり北欧デザインのインテリアなどで有名な国です。そのスウェーデンのコーヒー文化「フィーカ」をご存知ですか?身近な人たちとお茶をする「フィーカ」は、重要な文化と考えられているほどです。

スウェーデンの「フィーカ」という習慣

「Ska vi fika?(スカ ヴィ フィーカ?)」これはスウェーデン語で「お茶しない?」という意味です。スウェーデンでは、一日に何度もお茶をする習慣があって、それを「フィーカ」と呼びます。

これって「コーヒーブレイク」と同じ?と思いきや、ちょっと違うみたいなんです。一人でも可能なコーヒーブレイクに対し、フィーカは基本的に複数。家族や友達や恋人・仕事仲間と一緒に、お茶しながら楽しく休憩するって感じなんですね。

そんな北欧スウェーデンのフィーカについて、今回はお話しします。

コーヒーと甘いお菓子でフィーカ

スウェーデンの人たちはフィーカの時間に、コーヒーと甘いお菓子を合わせるのが定番です。どんなスイーツを食べているのか気になりますよね~♪では、見てみましょうか。
Kanelbulle(カニエルブッレ)といって、生地にカルダモンが練り込まれたスウェーデンのシナモンロールです。実はスウェーデンはシナモンロール発祥の地で、シナモンロールの日(10月4日)もあるほどです。
カルダモン風味のパンの中に、アーモンドクリームと無糖ホイップクリームを挟んだSemla(セムラ)。復活祭の断食の前に食べるご馳走の一つで、毎年『一番おいしいセムラを決める』コンテストもあります。
Chokladboll (フォックラッドボッル)という、甘さ控えめなチョコボール。ココナッツやパールシュガーをまぶしてあります。カフェやスーパーでも売っていて、スウェーデンの代表的なお菓子の一つです。
Pepparkaka(ペッパルカーカ)。生姜やシナモンなどのスパイスが入った薄焼きのジンジャークッキーで、修道女たちが焼いていたという伝統スイーツです。クリスマスシーズンには大型ケースがスーパーに並ぶそう。

仕事の効率UPとコミュニケーション

スウェーデンでは、仕事の合間にもフィーカを挟みます。その時間は大体15分~30分ほど。フィーカを取り入れることによって、仕事の効率は確実にupするらしいです。
長時間だらだらと仕事をするより、休憩でメリハリをつけた方が集中力が高まりますよね。そして、仕事仲間たちとのコミュニケーションを図るという点にもフィーカは役立っているので、良いこと尽くめ!
有名なGoogle社のリフレッシュエリア。これは、ストックホルムオフィスのカフェです。こんな場所でフィーカすれば、仲間との距離もすぐに縮まりそう♪

スウェーデンの人はコーヒーとカフェが好き

北欧のコーヒー消費量は世界トップレベル。フィーカを楽しむスウェーデンの人たちも、コーヒーが大好きで毎日飲む人が多いそうです。そしてカフェも大好き。人気カフェでエネルギーチャージしてますよ。
DROP COFFEE(ドロップコーヒー)は、大人気のコーヒーショップ。北欧で好まれる爽やかな酸味の浅煎りのコーヒーです。ハンドドリップで淹れたこだわりのコーヒーは『バリスタカップ』で2回優勝していて、ドリッパーは日本製のカリタを使っています。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

きゅぼた。

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう