3. コクうま。ごま香る釜玉うどん

Photo by よしみけ

注文メニュー・アレンジ方法

  1. 釜玉うどん(税込480円)
  2. 特製ごまだれ(無料)
釜玉うどんに特製ごまだれをかけるアレンジ。特製ごまだれは期間限定のトッピングですが、すりごまと天つゆをかけることで代用もできます。

ごまだれの香りとうま味が卵と合わさり、うどんによく絡む濃厚な仕上がりです。ごまだれはたっぷりかけるほうがコクが出ておすすめ。

Photo by よしみけ

特製ごまだれを入れることで、手軽にコクを足すことができます。辛いのが好きな方は、トッピングの七味を加えることで、担々麺のようなピリッとした味わいも楽しめますよ。

4. 締めの一杯。明太子茶漬け

Photo by よしみけ

白いごはん(税込140円)と明太子(税込90円)をのせ、だしサーバーでだしをかけると簡単にお茶漬けができますが、実はもっと簡単でお得な作り方があります。

Photo by よしみけ

注文メニュー・アレンジ方法

  1. 明太子おにぎり(税込140円)
  2. だしサーバー(無料)
それは、明太子おにぎり(税込140円)にだしをかける方法です!これならたった140円でお茶漬けが食べれて、90円もお得です。のりの風味も加わって、味も香りも楽しめますよ。

Photo by よしみけ

もし明太子が苦手な場合は、鮭・昆布・梅おにぎりとお茶漬けとの相性がいいメニューがそろっているので、好きな種類を選びましょう。

5. たったの140円で完成。青ネギ天かす丼

Photo by よしみけ

注文メニュー・アレンジ方法

  1. 天丼用白ごはん(税込140円)
  2. 天かす(無料)
  3. 青ネギ(無料)
「うどん屋で天丼?」と思うかもしれませんが、天丼用の白いごはん(税込140円)が注文できます。ごはんに青ネギ・天かすをのせ、天だれをかけるだけで、140円であっという間に天丼の完成です。

Photo by よしみけ

リーズナブルでボリュームもあり、お昼をがっつり食べたい方にとってはうれしいこと尽くしですね。天だれはごはんにもかけて、天かすをのせたあとにもかけるのがポイントです。

6. うどん屋で本格天ぷら。ワンコイン天丼

Photo by よしみけ

注文メニュー・アレンジ方法

  1. 天丼用白ごはん(税込140円)
  2. 天かす(無料)
  3. 青ネギ(無料)
  4. かしわ天(税込180円)
  5. さつまいも天(税込140円)
予算に余裕があれば、好きな天ぷらをのせて本格天丼を作ることもできます。天ぷらの種類によっては500円以内に収めることもできますよ。

揚げたての天ぷらが欲しいときは、店員さんに「〇〇の天ぷら(欲しい天ぷらの種類)の揚げたてをください」と注文してください。ただし、揚げたては時間がかかる場合があるので、時間に余裕をもって注文しましょう。

Photo by よしみけ

ごはんに天だれをよくかけ、そのあとに天ぷらをのせて、さらに天だれをかけるのがおすすめ。

上の画像は天丼用白ごはん(税込140円)、かしわ天(税込180円)、さつまいも天(税込140円)を使ったアレンジですが、500円以内とは思えないクオリティの高さです。

丸亀製麺のアレンジは十人十色

お気に入りのアレンジは見つかりましたか?トッピングを使えば、普段の丸亀製麺のメニューとは違う楽しみ方が簡単にできます。この記事でご紹介したアレンジはほんの一部なので、ぜひ自分好みの味を見つけてみてください。

※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ