ライター : 安達春香

グルメライター

※このランキングは、基本的にGoogleクチコミの「ユーザー評価」と「クチコミ件数」に基づいて作成されています。「ユーザー評価」が同率の場合は「クチコミ件数」が多い方を上位に掲載(2023年3月13日現在)

【第10位】メディア掲載多数「登美子」(3.4pt/104クチコミ)

Photo by @goodvibesyoro

JR新大阪駅からすぐの場所にある「登美子」は、何度もメディアに掲載されている人気のお店です。店先には店名が書かれた焦げ茶色ののれんがかかっていて、外観も内観も昔ながらのお好み焼き屋さんといった雰囲気。

座席はキッチンをぐるりと取り囲むカウンター席がメインで、ひとりでも入りやすいですよ。気さくな名物女将が店を切り盛りしていて、いかにも大阪!といった空気感を楽しみながらおいしいお好み焼きを味わうことができます。

お好み焼き スジモダン

Photo by @goodvibesyoro

1,500円(税込)
「登美子」のおすすめメニューは、甘辛の牛スジがたっぷり入ったスジモダン。薄い生地の上にもちもちの焼きそば、牛すじ、こんにゃくを盛るスタイルです。最後に目玉焼きにお好み焼きをのせて、ひっくり返したら完成。

コテで切ってみると、半熟状態の卵がとろっととろけます。ソースはお好み焼きと相性のいい甘めの味付け。ふわっとした生地に牛すじの旨味が溶け出し、たまらないおいしさ。焼きそばもたっぷり入っているのでボリューム満点です。
店舗情報

【第9位】有名人も多く訪れる「お好み焼き めっせ熊 新大阪店」(3.6pt/1273クチコミ)

Photo by 安達春香

「めっせ熊 新大阪店」は、食べログお好み焼き百名店2018、2019に選出された有名店。有名人も多く訪れる新大阪の隠れ家的お好み焼き屋さんです。新大阪駅1階にあるので、寒い日や雨でも快適にアクセスできるうれしいところ。

乗り換えついでや新幹線に乗る前の腹ごしらえにぴったりです。店内は木を基調とした落ち着いた雰囲気。座席はカウンター席とテーブル席が90席もあり、広々としています。ひとりでもお子さま連れでも気軽にお好み焼きを楽しめますよ。

ねぎおこ

Photo by 安達春香

1,188円(税込)
「ねぎおこ」はお好み焼きに牛スジ、半熟目玉焼き、たっぷりのねぎがのった名物メニュー。一年間で25,000食以上提供されています。出汁の効いたふわふわの生地とカリッカリの豚肉、シャキシャキのねぎ、旨みたっぷりの牛スジが絶妙なバランス。

牛スジは甘辛くこってりした味付けです。上にはオリジナルソースと辛子マヨネーズ、鰹節、青海苔がのっています。卵はとろとろ、焼きそばは太めのもちもちした食感で、一枚でいろいろな味わいを楽しめますよ。
店舗情報

【第8位】ねぎ焼の名店「ねぎ焼やまもと 大阪のれんめぐり店」(3.7pt/211クチコミ)

「ねぎ焼やまもと 大阪のれんめぐり店」は、新大阪駅のコンコース内にあるお好み焼き屋さん。大阪名物「ねぎ焼」の有名店で、十三と梅田の店舗は2022年に食べログ百名店に選出されています。

座席数は、フードコートの席と店内のカウンター席を合わせて全20席。緑色の看板が目を引きます。改札内のお店なので、乗り換えついでや新幹線の待ち時間に利用できるのがうれしいところ。サクッと腹ごしらえをしたいときにおすすめです。

すじねぎ

Photo by @boogourmet_fuk.thk

1,100円(税込)
「すじねぎ」は、たっぷりの青ねぎと甘辛く炊かれた牛スジとこんにゃく、紅生姜が入った人気メニュー。少しコリッとしたやわらかい牛スジと、プリプリのこんにゃくが食感のアクセントになっています。表面はカリカリで中はふわふわ。

醤油とレモンのあっさりした味付けが、たっぷりの青ねぎとよく合います。追加で明太子やたまご、もちチーズなど、さまざまなトッピングをすることも可能。普通のお好み焼きとは違った味を楽しみたいときにぴったりです。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ