ライター : Ayaka Kimura

フリーランスライター・カメラマン

「ヨシケイ」の評判は悪い?本当においしい?口コミを紹介

良い口コミ

  1. 15〜20分でできる簡単調理のため、料理が苦手な人にもおすすめしたいです!特に平日の時間がないときはとても役立っています。
  2. メニューが複数のコースから選べて便利!シニア向けの和食中心のものから、離乳食のレシピ付きのママ向けマニューまであるので、幅広い層で使用できるサービスだと思います。
  3. 食材だけでなく、レシピも一緒に届けてくれます。料理のレパートリーが少なくて困っていた私にとってはとてもありがたかったです!
  4. 食材が1回のレシピで使い切りで、とても助かりました。特に野菜の廃棄量が減ったので、これからも継続して利用しようと思います!
  5. 献立が決まっているので、毎日何を作ろうか考える手間が省けます。忙しい平日に利用することが多いです。
  6. その日の食材が毎日届くシステムのため、冷蔵庫を圧迫せずにすみます。ひとり暮らしの小さな冷蔵庫でも安心です。

悪い口コミ

  1. 全体的に量が少ない印象を受けました。たくさん食べたい学生がいる家庭や男性には物足りない可能性があります。
  2. コースによって異なりますが、1食あたりの料金がやや高い。「最安値で買い物をしたい!」と考えている方には向いていないかもしれません。
  3. 食材の質がほかの宅食サービスに比べて低いように感じます。野菜が少し傷んでいたり、お肉がガチガチに固まっていたりしたことも。
  4. 味が好みではなかった。基本は家にある調味料を使って調理しますが、付属のソースや事前に食材に施されている味付けが合わないこともありました。
ヨシケイには「夕食作りが楽になった!」「レシピがわかるので料理のレパートリーが増える」という良い口コミがある一方、「量が少ない」「食材の品質が低め」といった悪い口コミもありました。

これらの口コミを踏まえ、宅食をよく利用する筆者が実食レビューします!今回は実際にヨシケイの宅食お試しセット「プチママ」を利用。注文から到着まではもちろん、実食して感じたことも詳しく解説していきます。サービスを利用してみようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください!

ヨシケイの宅食情報

特徴・すまいるごはん、Lovyu(ラビュ)、和彩ごよみ、ヘルシーメニューの全4タイプのメニューブックがある
・専属の管理栄養士が栄養バランスを考えてメニューを開発している
料金プラン1日ごとに注文もしくは5日間・6日間コース
1食あたりの価格500円〜700円程度(初回お試しのみ300円)
人気のおすすめメニューそぼろビビンバ、和風おろしハンバーグ、ポークソテーなど
送料無料
取り扱い品目和食・洋食・中華まで幅広く、週替わりで50品目以上

実際にヨシケイの宅食を試してみた!

1回のお届け商品

Photo by Ayaka Kimura

平日5日分のお試しセットを購入しましたが、初日にまとめて届くわけではありません。その日のメニューの食材が毎日届く仕組みです。食材で冷蔵庫が圧迫されないため助かります。

初日は「レンジで簡単!そぼろビビンバ」と「皮ワンタンのスープ」の食材が到着。ちなみに、口コミであった食材の品質の低さは気になりませんでした。

ひとつひとつ実食して正直レビュー!

レンジで簡単!そぼろビビンバ

Photo by Ayaka Kimura

月曜日は「レンジで簡単!そぼろビビンバ」と「皮ワンタンのスープ」でした。カロリーは433kcal、食塩相当量は3.4g。調理時間は15分です。ワンタンスープは火を使って調理しますが、ビビンバは全部で5分ほどのレンジ加熱で調理できるため簡単です。

電子レンジ加熱でも、にんじんやもやしは子どもでも食べられるくらいにやわらかくなり食べやすいです。ビビンバの味付けは砂糖や酒、おろしニンニクなど自宅にあるものを使います。少し甘めの味付けです。そぼろだけで食べると甘すぎるくらいかなと感じましたが、ご飯や野菜としっかり混ぜて食べるとちょうど良くなりました。

しかし、子どもや高齢の方にとっては少し味が濃すぎるかもしれません。味付けの際に砂糖や塩の量を減らすなどして工夫すると良いでしょう。

ごはんがススム!豚肉の炭火風焼き

Photo by Ayaka Kimura

火曜日は「ごはんがススム!豚肉の炭火風焼き(ビストロ対応)」と「カボチャサラダ」でした。カロリーは452kcal、食塩相当量は1.3g。こちらも調理時間は15分です。フライパンひとつで調理できるため洗い物が少なくて済みます。パナソニックのスチームオーブンレンジ「ビストロ」でも調理可能ですよ。

味付けはヨシケイオリジナルの炭火風しょうゆだれ。フライパンで加熱することで香ばしさが増し、ご飯がすすみます!カボチャサラダは枝豆やくるみが入っており、食感が単調にならず良いアクセントになっていました。マヨネーズの量が少し多く、くどく感じたためレシピより少なくしても良いかもしれません。

豚肉が比較的小さめで味付けも濃すぎないため、子どもも高齢の方もおいしく食べられるでしょう。ちなみに5日間のお試しメニューのなかでもっとも食塩相当量が少なめです。キャベツやトマト、カボチャサラダで野菜も摂れるため栄養バランスも良いといえます。

カジキマグロ香味揚げ

Photo by Ayaka Kimura

水曜日は「カジキマグロ香味揚げ」と「豆腐のかにかまあんかけ」でした。カロリーは308kcal、食塩相当量は3.4g。調理時間は15分です。カジキマグロは下味と衣がついており、そのまま揚げるだけの簡単調理!下処理が少ないのもヨシケイのメリットといえます。

気になる味ですが、少々濃いめ。カジキマグロの風味を味わうために下味がもう少し控えめでも良いと思いました。下味付きの場合、調理の際に調整できないのが難点です。逆に豆腐のかにかまあんかけは薄味だったため、献立全体でバランスをとっているようですね。

豆腐のかにかまあんかけは薄味のため、子どもや高齢の方も食べられるでしょう。カジキマグロの香味揚げは濃いめの味付けのため、好みが分かれるかもしれません。塩分摂取量が気になる場合は食べる量を減らすなどして控えたほうが良さそうです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ