ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

コスパ抜群!ロピアの人気ピザ3種類を実食レビュー

Photo by macaroni

店内で焼き上げて販売しているロピアのピザ。本格的な味わいとコスパのよさから人気を集めています。この記事ではおすすめの3種をご紹介!価格や大きさ、味わいなど参考にしてみてくださいね。

1. マルゲリータ

Photo by macaroni

598円(税込)
定番商品で人気のマルゲリータ。店舗に置いてある数が多く、カートインしている方も多かったです。直径約25cmでずっしりとした重さがあります。これで598円(税込)というコスパのよさ!2〜3人でシェアして食べるのがちょうど良いかもしれません。

使用されている食材は、ピザクラスト、ピザソース、モッツァレルチーズ、バジルペースト、パセリとシンプル。ピザソースはトマトのフレッシュ感があるというよりはペーストっぽい印象です。

Photo by macaroni

筆者が購入するときは夕方だったのですが、マルゲリータは惣菜コーナーにありました!かわいらしい箱にピザが入っています。

Photo by macaroni

商品の近くには “ピザチーズ増量!” のポップがありました。原価高騰する食材が多いなか、ロピアは増量するといううれしい驚き。

「同じ量のチーズ買うのとどっちが良いんだろう」と思うほど、すごい量のチーズがかかっています。

Photo by macaroni

温め直しはトースターでも良いですが、モッツァレラのとろけ具合を楽しみたいなら、電子レンジで30秒ほど温めるのがおすすめです。持ち上げるとチーズが落ちてしまうほどとろ〜とします。

味はマルゲリータそのものですがチーズ感が強く、ボリューミーです。生地はモチモチしていて、耳の部分は薄めで硬め。ピザの半分くらいが耳になっていることもありますが、こちらのピザはバランスがよく、耳まで残さず食べきれましたよ。

2. 照り焼きチキンピザ

Photo by macaroni

780円(税込)
ボリューム満点な「照り焼きチキンピザ」。チキンがゴロゴロと入っており、かなりの重量です。サイズはマルゲリータと同じで約25cm。

Photo by macaroni

筆者の行った店舗には、ロピア直営のテイクアウト専門ピザ屋「NICK JACK」がありました。NICK JACKに置いてある商品は、マルゲリータよりも熱々でまさしく焼きたて。「照り焼きチキンピザ」と次に紹介する「タコスピザ」はこちらに陳列されていました!

Photo by macaroni

照り焼きはこってりしすぎず、甘めで食べやすい味です。とにかくチキンが大きいので食べ応えがあります。「これすぐお腹いっぱいになるかも」と思いつつ、その味わいと玉ねぎとピーマンの食感がアクセントになって食べる手が止まりませんでした(笑)。

マヨネーズのコクもいい味出してます!スーパーの商品とは思えないクオリティです。

3. タコスピザ

Photo by macaroni

780円(税込)
ピザの種類としても珍しい「タコスピザ」。たっぷりとひき肉が入っており、こちらも重い!サイズは2商品と同様、直径約25cmです。開けた瞬間スパイシーな香りが広がります。

Photo by macaroni

食べてみると確かにタコスの味!ピリ辛でスパイシーなひき肉にチーズがよく合い、トッピングのピーマンも食感も楽しいひと品です。耳の近くまでしっかりと具材がのっているのもうれしいポイント!

普通のタバスコでももちろん良いですが、ハラペーニョベースのホットソースをかけるとよりタコスの風味が楽しめるのでおすすめです。

ほかにはどんな種類がある?

Photo by macaroni

ほかにもボリューム満点のさまざまなピザがラインアップに。時間帯や季節、店舗にもよると思いますが、筆者が見た限りでも以下の7種類がありました。

・ラムピッツァ
・ウィンナーピッツァ
・マスタードベーコンピザ
・梅紫蘇チキンピザ
・プルコギピザ
・4種のハーブ香るソーセージピザ
・ハーフ&ハーフピザ

スーパーのクオリティじゃない!ロピアのピザ

安いだけじゃない、クオリティが高いロピアのピザ。どれも味のバランスがよく、飽きずに食べれちゃいました。ピザ生地も重すぎず、軽すぎずで完璧!ロピアに行く際はぜひチェックしてみてくださいね。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ