ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

話題のポカリ瓶。ポカリスエットが新たな姿に…

Photo by muccinpurin

大塚製薬から「ポカリスエット リターナブル瓶」が発売されました。循環型ショッピングプラットフォーム「Loop」を利用し、飲み終わったボトル回収することで環境に配慮した本品。

2022年7月12日より、イオン、イオンスタイルにて販売が開始されており、SNSでは「ポカリ瓶」として注目を集めています。

※東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、京都府の66店舗

大塚製薬「ポカリスエット リターナブル瓶」

Photo by muccinpurin

価格:230円(税別/デポジット料金70円含む)
かねてから、環境方針の素グループ全体で循環型社会の実現に向けてさまざまなアプローチやチャレンジを続けてきたという大塚製薬。その取り組みのひとつとして、再利用モデルに適した強度やポカリスエットの品質基準をクリアする容器の開発に着手したのだそう。

今回採用されたボトルは、ポカリスエットの清涼感とさわやかさを全体にまとったクリアブルーにおなじみのPOCARISWEATのロゴが配された、シンプルかつ夏にぴったりのデザイン。

リターナブル瓶で新鮮な印象を持たせつつも、ポカリスエットのブランドイメージは忘れない、とてもステキなデザインとなっています。

環境にも人にもやさしいラベルフリー仕様

Photo by muccinpurin

環境への配慮は、瓶だけではありません。ロゴ等は瓶に直接印刷し、ラベルを排除。さらに原材料は王冠に印字する等、無駄なごみが出ない仕様となっています。

これまでのペットボトルのように外出先で購入し、手軽に開栓することはかないませんが、自宅で楽しむ分には問題なさそう。環境に配慮されていることはもちろん、ラベルをはがしてごみを分別するという手間も省け、環境への配慮が “自分ごと” として考えられるのも、魅力のひとつだと感じます。

いつもよりおいしく感じる?意外な瓶のメリットを発見!

Photo by muccinpurin

しっかりと冷やしたポカリスエットは、ガラス瓶の重厚な冷たさで飲む前から心地よい清涼感。湿度が高く、蒸し暑い日本においていまや夏場の水分補給は欠かせません。ほんのりと甘くさわやかなのど越しでゴクゴクとのどを通り過ぎれば、さっきまでの汗がウソのようにスッと引き、心なしか体温が下がったような気分にもなります。

缶を直接飲んだりグラスに注がれた場合と違い、ぽってりと分厚い瓶から飲むことで、なんだかとてもやさしい口当たり。これまで幾度となくポカリスエットを飲んできましたが、環境に配慮されたという事実も相まって、なおのことおいしく感じましたよ。

瓶は捨てないで!イオン店頭のLoopにて回収

Photo by muccinpurin

飲み終わった瓶は、イオン、イオンスタイルの店頭に設置された専用返却ボックス「Loop」に返却。

回収された瓶は洗浄され、ふたたび製品を充てんし販売されます。Loopを通じて瓶を回収することで、使い捨てプラスチックごみを減らすだけでなく、 いまや当たり前になりつつある “使い捨て文化” からの脱却を目指しているのだそうです。

SNSには「かわいすぎて取っておきたい」の声が続出

SNSには「飲み終わったら花瓶にしたい」「インテリアとして飾りたい」などの口コミが殺到。その気持ちも十分わかりますが、環境のためには必ず返却してくださいね♪
Photos:6枚
リターナル瓶のポカリスエット2本を持つ様子
テーブルに2本並んだポカリスエット リターナブル瓶
ポカリスエット リターナブル瓶の王冠
ポカリスエット リターナブル瓶を手に持つ様子
空になったポカリスエットのリターナブル瓶と王冠、栓抜き
開栓された瓶
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ