ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

史上一番罪深い!? ファミマから「まるでバターな蒸しケーキ」登場!

Photo by muccinpurin

価格:128円(税込)
2022年7月5日(火)、ファミリーマートから新作パン「まるでバターな蒸しケーキ」が発売されました。

料理だけでなく、お菓子やパンにも使われるバター。今作はバターのコクと風味を前面に押し出した、罪深い蒸しケーキなのだとか。とにかくなんにでもバターを塗りまくり、溶かしたがる筆者、興味津々です。そもそも「蒸しケーキ バター風味」ではなく、「まるでバターな……」というネーミングがそそるじゃないですか。

Photo by muccinpurin

原材料は、液卵、小麦粉、砂糖、マーガリン、バターフィリングなど。“バターあん” という見慣れない材料も使われていますよ。

ふわふわした蒸しケーキや蒸しパンは一見カロリーが低そうに見えますが、意外と高め。バターを使っているからさぞ高カロリーでは……とおそるおそるチェックしてみると。319kcalと、一般的な蒸しケーキと大差ありませんでしたよ。

香り&ビジュアルはほぼほぼバター

Photo by muccinpurin

パッケージから取り出したまるでバターな蒸しケーキ、バターの塊を四角く切ったものに見えなくもないような……。サイズは8×8cm、厚みは約3cm。見た目はごく普通の蒸しケーキに見えますが、バターの香りが尋常じゃない!食べる前から香りにグイグイそそられます。

食感はふわふわ、バター風味満点

Photo by muccinpurin

半分に切った蒸しケーキは、ご覧の通り絹のようなきめ細かさ。口に含むと軽く噛んだだけで溶けていきます。しっとりしているので口の中の水分を持っていかれることもありません。

そして何より、バターの風味が!ミルキーで、香り豊かで、ほんのり遠くのほうに感じる塩気。バターをそのまま食べるのは罪悪感があって気が引けますが、ふわふわの蒸しケーキなら食べやすいかも!?

しかもバターと違った常温で持ち運べるので、オフィスでのランチタイムやおやつでも、どうどうとバター欲を満たせる点でもすぐれています。

Photo by muccinpurin

食感こそ普通の蒸しケーキですが、やさしい甘さの中に強めのバターの風味。バター好きにはたまりません!

常温で販売されている蒸しケーキはそのままでも充分おいしく食べられますが、冷蔵庫で冷やすとさらにしっとり、おいしく感じますよ。冷やしてもふわふわしっとりな食感は変わらず、暑い夏にひんやりとしたバター風味の蒸しケーキ、新しいおやつの形です。

リッチにバター欲を満たすご褒美蒸しケーキ

Photo by muccinpurin

当然本物のバターの風味には劣りますが、ふわふわしっとりな食感と、やさしい甘さ、口どけ。そしてミルキーで濃厚なバターの風味が合わさって、130円にしては幸福度の高い蒸しケーキでした。

個人的には冷蔵庫でしっかりと冷やしたほうがおいしく感じられたので、半分はそのまま、半分はしっかりと冷やして食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。

商品情報

■商品名:まるでバターな蒸しケーキ
■内容量:1個
■価格:128円(税込)
■カロリー:1個あたり319kcal
■販売日:2022年7月5日(火)
■販売場所:沖縄地域を除く全国のファミリーマート各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
Photos:6枚
まるでバターな蒸しケーキのパッケージ
まるでバターな蒸しケーキ
皿にのったまるでバターな蒸しケーキ
半分にカットしたまるでバターな蒸しケーキ
手でちぎったまるでバターな蒸しケーキ
半分に切って手で持ったまるでバターな蒸しケーキ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ