ライター : オミ

グルメ&情報ライター

【12位】こだわりのパフェときな粉アイス「祇園きなな本店」(祇園)

Photo by @soleil.yuiwa

「祇園きなな 本店」の“きなな”とは、きな粉アイスのこと。厳選された原材料を使用し、化学添加物不使用にこだわった安心のスイーツです。

工場が併設された「祇園きなな 本店」では、作り立てのきななや、きななをたっぷり使ったパフェなどがいただけます。お持ち帰り用のアイスクリームもあるので、お土産にすると喜ばれますよ。

きななハポン

Photo by @soleil.yuiwa

1,200円(税込)
八ッ橋が添えられ京都らしさ満開の「きななハポン」。よもぎアイス、黒ゴマアイス、きな粉アイス、小倉あんのトップに栗がのせられています。ほかにも、むっちりした白玉や米粉クッキー、わらび餅などが詰まった、和のスイーツを存分に楽しめるパフェです。

また、アイス類は脂肪分を控えて作られているので、カロリーを気にする方でもおいしく食べられますよ。
店舗情報

【11位】京都が発信する斬新なパフェ!「スギトラ」(河原町)

Photo by @gourmet.oo

ジェラートやパフェで人気の「スギトラ」の始まりは、スギトラ果実店という小さな果物店。惜しくも閉店した後、2017年にジェラート専門店として再誕しました。

すっかり、おいしいジェラートの店として京都の町に溶け込んでいます。ジェラートのほかにも、オーナーパティシエの作る斬新なパフェがインスタ映えすると話題ですよ。

小さなエクレアのカップパフェ

Photo by @gourmet.oo

648円(税込)
なんとも斬新なビジュアルの「小さなエクレアのカップパフェ」。トップにのせられているのは、繊細な作りのエクレアです♪ 2種類のクリームをおしゃれに絞り出した、インスタ映えまちがえなしのパフェですね。

ほかにも、定番メニューのショコラパフェも人気。パフェは売り切れになる日が多いので、予約がおすすめですよ。
店舗情報

【10位】町屋でチョコミントパフェはいかが♪「カフェ イチマルマルイチ」(西陣)

Photo by @kyoko20.j6

「Cafe 1001(カフェ イチマルマルイチ)」は、絵本や藤子・F・不二雄といった名作家の本が楽しめるブックカフェです。チョコミントのスイーツを多く提供しており、チョコミン党の聖地とも呼ばれているのだとか。

また築年数100年以上の町屋を丁寧に手入れをした店内は、ほっこり落ち着ける空間です。季節限定のスイーツや飲み物もあるので、チョコミン党でない人も訪れてはいかがですか♪

チョコミントパフェ

Photo by @ra.bbit.home

1,250円
ありそうでなかった「チョコミントパフェ」は、その名の通りチョコミントをふんだんに使用した、チョコミント好きな方にはたまらないパフェ♪

チョコミントアイスクリームをメインに、ミントゼリー、ココアビスコッティ、グラノーラと食感の違いを楽しめる具材で彩られています。さらに柚子ガトーショコラと塩ミントティラミスが味わいに変化を添え、最後まで飽きずにチョコミントを堪能できる逸品ですよ。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ