売り場のどこに置いてある?

「焼き干しいも」は、お菓子コーナーの一角に置かれていました。どら焼きや最中など、和菓子の近くにあることが多いようです。

Photo by Ayaka Kimura

「焼き干しいも」は名前の通り、生産工程に焼きが含まれています。パッケージにも「蒸したさつまいもを丁寧に乾燥し、こんがりと焼き上げました」とあり、ほかの干し芋と比べてひと手間かかっていることがわかります。

水分量が少ないせいかねっとり感はほとんどなく、かための干し芋です。よく噛んで食べる必要があるので、少ない量でも満足感は得られるでしょう。味に関しては水分が少ないことも影響しているのか、想像した以上に強い甘みを感じます。

商品情報

商品名:焼き干しいも
内容量:220g
価格:333円(税込)
カロリー: 311kcal(100gあたり)
原材料:さつまいも(中国)

ローソンやファミリーマートではいつ頃販売される?

セブン-イレブンでは通年購入可能な「干し芋」ですが、ほかの大手コンビニはどうでしょうか。ローソンやファミリーマートでは、9〜12月頃にかけて販売されることが多いようです。大きめの店舗であれば旬の時期を過ぎた春から夏にかけても購入できる可能性があります。気になる方はお近くの店舗に足を運んでみてくださいね。

セブン-イレブンの「干し芋」あなたはどっちが好み?

「干し芋」といっても、商品によって形や風味、食感などに違いがでます。この記事でご紹介した2商品でも特徴が全然異なる結果となりました!

ぜひセブン-イレブンで干し芋を購入して、好みの干し芋を見つけてみてくださいね。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
【参考文献】
(2022/05/10)
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ