ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

セブン-イレブンからタルトタタンが登場!

Photo by muccinpurin

2022年04月28日(木)、セブン‐イレブンから新作スイーツ「タルトタタン」が発売されました。

もともとはりんごのタルトを作ろうと思ったタタン姉妹が、型に生地を敷く前に誤ってりんごだけを敷き込みオーブンに入れたという失敗から生まれたタルトタタン。たっぷりのりんごを使うタルトタタンは、秋になると日本のパティスリーでも販売される、人気のスイーツです。

季節はまだ初夏ですが、りんごを煮たりじっくりと焼いたりと手間がかかるタルトタタンが、コンビニで手軽に変えるのはありがたいですよね。

Photo by muccinpurin

原材料は、りんごシロップ漬け、砂糖、卵、小麦粉、植物油脂、マーガリン、カラメルシロップなど。セブン‐イレブンで販売されていますが、山崎製パン株式会社が製造しています。

タルトではなくふんわりとしたスポンジ生地

Photo by muccinpurin

冒頭で、タルトタタンはりんごのタルトを作る過程で生まれました、とお伝えしましたが、セブン-イレブンのタルトタタンにはご覧の通り、タルトがどこにも見当たりません。

表面には香ばしいりんごがびっしりと敷き詰められ、その下にはスポンジのようなふんわりとした生地が。生地の食感は食べてみないことにはわかりませんが、タルトでないことは確かそうです。

ふんわり生地にジューシーなりんごがマッチ

Photo by muccinpurin

生地部分は焼く2cmと結構な厚みがあります。スポンジよりもきめが細かく、パウンドケーキよりもしっとりとした口どけのいい生地で、タルトタタンというよりもアップ再度ダウンケーキといったところ。型にりんごを敷き詰めて生地を流して焼き上げるスタイルで、タルトタタンとは生地が異なります。

とはいえこの生地がしっとりふんわりと口どけがよく、意外にもりんごとマッチ。サクサクのタルト生地を期待していた方には残念かもしれませんが、これはこれでアリです。

Photo by muccinpurin

生地部分はかなりきめが細かく、卵香る素朴な味わいでどこか懐かしさすら感じます。りんごもサクサクジューシーで、生地と相まってとても美味。ただ、シナモンが利いているわけでもキャラメルがしっかりと焦がしてあるわけでもないので、全体として味がぼんやりと感じられました。やわらかな生地とやさしい味わいで、子どもも喜びそうな味ではあります。

生地にくるみが入っていたり、りんご部分のキャラメリゼがもう少し強めにされていれば、もっとおいしく感じられてかもしれません。

ふんわり生地で “タルトタタン気分” を味わって♪

Photo by muccinpurin

生地部分にタルトではなくやわらかできめ細かい生地を使い、タルトタタンというよりもアップサイドダウンケーキ風だった、セブン-イレブンの「タルトタタン」。

生地がスポンジ風なことで全体として軽い食べ口なため、タルトタタンを求めて買った方はやや残念に感じるかもしれません。ただ、ふんわり生地で食べやすく、大人だけでなく子供も喜びそうな味わいなので、ぜひセブン‐イレブンで手に取ってみてくださいね。

商品情報

■商品名:7プレミアム タルトタタン
■価格:203円(税込)
■カロリー:1個あたり286kcal
■販売日:2022年04月28日(木)以降順次発売
■販売場所:東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州地本のセブン‐イレブン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
おすすめの記事はこちら▼
Photos:6枚
タルトタタンのパッケージ
タルトタタンの原材料表示
皿に盛られたタルトタタン
半分にカットしたタルトタタン
タルトタタンをフォークでカットする様子
タルトタタンをフォークで切る様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ