ライター : pomipomi

ライター兼、料理愛好家。おいしい&美しいをテーマにいろいろな料理を日々研究しています。 Webサイトではヴィーガン対応のレシピも細々と公開中です。

「凄麺 冷し中華」がリニューアルして再登場。セブンでも買える!

Photo by pomipomi

2021年に大好評を博したヤマダイ株式会社の「凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」が、2022年4月25日(月)から夏季限定で再登場。セブン-イレブンでは2022年4月26日(火)から、取り扱い開始となりました。

具材の白きくらげと赤つのまた(海藻)を増量し、パワーアップして帰ってきたとのことで、期待が高まります。

SNS ではすでに注目の的。「おいしい」の声が続々!

Photo by macaroni

販売を開始して間もないにも関わらず、SNSではすでに食べた人たちのコメントが続々♪ 「おいしいとは思っていたけど想像以上だった」「酸味が絶妙」「麺が完璧な食感」「食べごたえ満点」と、良い口コミがたくさん寄せられています。

なかには、「今年も売り出されてる!箱買いしなきゃ!」と、発売を待ち望んでいた人の声も見られましたよ。

セブン-イレブン「ヤマダイ 凄麺 冷し中華 海藻サラダ風」

Photo by pomipomi

235円(税込)
「凄麺」は、ヤマダイが誇るノンフライカップ麺シリーズ。独自の製法により、麺をラーメン店風のゆでたて食感に仕上げているのがこだわり。ノンフライ麺の多くは通常「蒸し」により加工されますが、凄麺は「ゆで」をおこなうことでツルツルもちもちとした食感を実現しているそうです。

本商品は、たれが絡みやすい中細のちぢれタイプ。

白きくらげと赤つのまたが昨年より増量!

Photo by pomipomi

かやくは、白きくらげ、わかめ、赤つのまたの3種。うち、白きくらげと赤つのまたは、昨年より増量となり、食べごたえがアップ。タレはごま油の風味がきいたしょうゆベースで、トッピングには紅生姜がついています。

まるで生麺!噛みごたえと喉ごしがたまらない…

Photo by pomipomi

「海藻サラダ風」なので、一般的な冷し中華のイメージとはかなり見た目が異なります。ちょっぴり具材が寂しく思えますが、肝心なのは味!とりあえずひと口すすってみることに……。

すると、さすが人気の「凄麺」だけあって、麺のおいしさたるやまるで生麺のごとし!噛みごたえがありつつも喉ごしが良く、食べる手が止まりません。

タレは酸っぱすぎず後をひくおいしさ。麺によく絡む♪

Photo by pomipomi

たれは酸味が控えめで、濃すぎず後を引く味わいです。ツルツルもちもちのちぢれ麺にしっかりと絡んでいます。時々口に入る白きくらげのコリコリ感が、これまたいいアクセントに♪

わかめ、赤つのまた、紅しょうがの存在感も相まって、大満足の食べごたえですよ。ツナやきゅうり、薄焼き卵をトッピングしたら、さらにボリュームが増しておいしそう♪
Photos:7枚
パッケージ
スマホを操作している
冷し中華のパッケージ
凄麺 冷し中華のパッケージと中身
調理後の凄麺
箸で持ち上げている
調理後の凄麺
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ