ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

バターロール味のポテチ発見!

Photo by muccinpurin

価格:152円(税込)
2022年4月19日(火)、スナック菓子大手の山芳から「 ポテトチップス ネオバターロール味」が発売されました。

フジパン株式会社の大人気アイテム「ネオバターロール」とコラボし、ロールパン部分とマーガリン部分を一緒に食べたときの風味を完全再現。ポテチなのにパンの味って、想像がつきませんが……おいしいことは食べる前から確信できます。

Photo by muccinpurin

原材料は、じゃがいも、植物油脂、ぶどう糖、砂糖、バターなどなど。ひと袋税込152円、50g入りでカロリーは276kcalです。

“ネオバターロールフジパン♪” というキャッチ―なCМでおなじみのアイテムは、フジパンの看板商品。一方の山芳はわさび―フをはじめとした、こだわりポテトチップスの大手で、まさに夢のコラボレーションです。

想像以上に罪な味

Photo by muccinpurin

見た目はいたって普通のポテトチップスですが、袋を開封したときの甘いバターの香りがたまりません。何気なく開けてしまったことを後悔するほどの罪な香り。

心して開封の儀執り行い、皿に出す前に袋の端からすぅっと香りを思い切り嗅いでください、食べる前にしあわせの第一波が訪れます。

期待に胸を膨らませて頬張ると、ネオバターロールの風味がそのままに口のなかに広がり、パリパリと音を立てて消えていきますよ。

いつもならふわふわとした食感のバターロールが、ポテトチップスの食感とともに押し寄せ、脳が混乱していますが、止まらないおいしさです。

Photo by muccinpurin

ポテトチップスは通常さっぱりとした油で揚げてのり塩やコンソメで味をつけますが、本品はバターの甘い風味がポテトチップスをやさしく包み込み、香りがすでにごちそう。

見た目がただのポテトチップスなだけに、口に入れたときの感激がひとしおです。バター好きにはたまりません。

レンチン50秒でしあわせの最高潮…!

Photo by muccinpurin

そのままでも充分おいしいのですが、レンジで温めるとさらにおいしさが加速するのだとか。耐熱皿に移して500~600Wのレンジで約50秒温めてみてください。

レンジの扉を開けた瞬間から、キッチンに漂うバターの香り。“これがしあわせの香りってやつか……” などと思いつつ、一枚、また一枚と手が止まりません。

温めることによってバターの香りがより引き立ち、おいしさは最高潮。むしろ最初からこのアレンジで食べることを強くおすすめします。

ポテトチップス×バターロール=無敵!

Photo by muccinpurin

薄々想像はできていましたが、予想のはるか上をひょいっと越えていくバター感で、バターロールなの?ポテトチップスなの?と脳内混乱をきたした「山芳 ポテトチップス ネオバターロール味」。

バター風味のポテトチップスでは……と言われれば否定できませんが、おいしければオールOKです。バター好きさん、ポテトシップス好きさんはぜひ、前のめりでお試しを!

商品情報

■商品名:山芳 ポテトチップス ネオバターロール味
■内容量:50g
■価格:152円(税込)
■カロリー:1袋(50g)あたり276kcal
■販売日:2022年4月19日(火)
■販売場所:全国のセブン-イレブン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
おすすめの記事はこちら▼
Photos:6枚
山芳 ポテトチップス ネオバターロール味のパッケージ
山芳 ポテトチップス ネオバターロール味の原材料表示
皿に盛られた山芳 ポテトチップス ネオバターロール味
二枚の山芳 ポテトチップス ネオバターロール味を持つ様子
山芳 ポテトチップス ネオバターロール味の食べ方アレンジ記載
皿に盛られた山芳 ポテトチップス ネオバターロール味
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ