ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

期間限定のおにぎりシウマイ弁当を入手!

Photo by muccinpurin

2022年4月10日(日)、崎陽軒から4月10日の駅弁の日を記念して「おにぎりシウマイ弁当」が発売されました。

日本で最初に販売された駅弁が宇都宮駅のおにぎりだったことにならい、チャーハンやシウマイを具材にした、崎陽軒オリジナルのおにぎりが詰め合わせになっています。4月10日に発売されるや否や、店頭に問い合わせが殺到し、即完売の店舗が相次いでいることからも、注目度の高さがうかがえます。

崎陽軒「おにぎりシウマイ弁当」の中身をチェック!

Photo by muccinpurin

価格:960円(税込)
実はおにぎりシウマイ弁当が発売されるのは、これが初めてではありません。2019年に限定販売された際には大きな反響を呼び、再販を希望する声が相次ぎました。

2021年の再販に続き、今回はFMヨコハマ内の番組「FUTURESCAPE」の小山薫堂氏、柳井麻希氏とリスナーの声を反映してバージョンアップしているのだとか。パッケージのイラストは柳井氏が手掛けたもので、その味があるイラストにも注目が集まっています。

オリジナルおにぎり4種

Photo by muccinpurin

おにぎり弁当というだけあり、主役のおにぎりは4種入った贅沢仕様。なかでも、ファンの間で意外に相性がいいと話題になっているという「鶏の唐揚げとあんずのガーリックバター風味おにぎり」がおすすめ。

“最初に食べるか最後まで残すか論争” が巻き起こるほど、崎陽軒には欠かせないあんずが入った変わり種おにぎりです。おにぎりにドライフルーツとは意外ですが、ほんのりさわやかなあんずの酸味が唐揚げとベストマッチ。しかもガーリックバターで味付けをするなんて、あざとすぎます。さすがは崎陽軒……!

Photo by muccinpurin

ほかにもボリューム満点の「シウマイの肉あんおにぎり」、米ひと粒ひと粒に味がしっかりなじんだ「チャーハンおにぎり」、燻製マヨで鮪を和えた「鮪の漬け焼き」など、おにぎりだけでもどどんと4種類。

どれも2~3口で食べ終わる小ぶりサイズなので、一度にいろいろな味が楽しめる魅力的なラインアップとなっています。白ごはんとおかずの組み合わせもたまりませんが、おにぎりになっているだけで格段においしく感じるのはなぜでしょう。なかなかのボリュームなのに次々とおにぎりがお腹に消えていきます。

定番おかずも充実

Photo by muccinpurin

おにぎりだけでなく、おかずも大充実。昔ながらのシウマイが4個、シャキシャキ食感が止まらない筍煮、かまぼこ、玉子焼き、切り昆布、千切り生姜、小梅など、いつものメンバーが脇を固めます。

ちょっぴり矛盾しますが、ごはんが欲しくなるようなおかずの充実っぷり。主役の大渋滞です。

期間限定&入手困難!取り置きが吉

Photo by muccinpurin

販売期間は2022年4月10日(日)~4月19日(火)までの10日間。神奈川県、東京都を中心とした約160店舗で販売されますが、各店入荷数がかなり少なく争奪戦のため、店頭を訪れる前に電話で在庫の確認をするのがおすすめです。店舗によってはお取り置きもできるので、問い合わせてみてくださいね。

商品情報

Photo by muccinpurin

■商品名:おにぎりシウマイ弁当
■価格:960円(税込)
■カロリー:1包装あたり682kcal
■販売期間:2022年4月10日(日)~4月19日(火)
■販売場所:神奈川県、東京都を中心とした約160店舗
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
おすすめの駅弁記事はこちら▼
Photos:7枚
シウマイ弁当のパッケージ
おにぎりシウマイ弁当を開封した様子
鶏の唐揚げとあんずのガーリックバター風味おにぎり
チャーハンおにぎりを手で持つ様子
箸でつまんだシウマイ
おにぎりシウマイ弁当のパッケージ裏
おにぎりシウマイ弁当の中身
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ