すし酢で作る場合

すし酢は、酢に砂糖や塩を加えて味付けした調味酢です。すし酢でポン酢を作ると、やさしい甘みが加わり酸味が抑えられます。しょうゆ1:すし酢1の割合がおすすめ。

通常の酢では酸味がきつすぎる場合や、少し甘味が欲しいときは、すし酢でアレンジすると食べやすくなりますよ。また、使いきれず余ったすし酢があるときは即席のポン酢にして無駄なく使い切る方法もおすすめです。

2. さらにおいしく「しょうゆ+お酢+みりん」で代用

Photo by 馬原 香織

【割合】しょうゆ1:酢1:みりん1
【おすすめレベル】★★★☆☆
みりんが加わることで、甘味とまろやかさがプラスされてコクのある味わいになります。酢の酸味も抑えられ、肉料理や魚料理などの味付けに使うと、みりんの効果で照りも出ておいしそうな料理ができますよ。

みりんがあるときは、ぜひしょうゆと酢にプラスしてみてくださいね。鍋の調味料やたれとして使う場合にアルコール分が気になるときは、レンジで加熱するか、鍋で温めてアルコールを飛ばすとよいでしょう。

3. 甘みアップ「めんつゆ+お酢」で代用

Photo by 馬原 香織

【割合】めんつゆ2:酢1
【おすすめレベル】★★★★☆
めんつゆは、和風だしをベースにしょうゆやみりん、旨味成分がプラスされた調味料です。だしの風味と旨味や甘味が感じられ、酢と合わせても酸味がたちすぎずやさしい味わいのポン酢が楽しめますよ。めんつゆはしょうゆよりもしょっぱくないため、酸味だけでなく塩味も抑えた味わいに仕上がります。

酸味をより感じたい場合は、めんつゆ1:酢1の割合で合わせてもOKです。めんつゆは3倍濃縮のもを想定していますので、濃縮率が異なる場合は分量を加減してください。

4. お酢なし!「しょうゆ+レモン果汁」で代用

Photo by 馬原 香織

【割合】しょうゆ1:レモン果汁1
【おすすめレベル】★★★★☆
酢の代わりにレモン果汁を使うことで、本来のポン酢らしい爽やかな酸味が引き立ちます。市販品のポン酢も柑橘系の酸味がプラスされているので、普段お使いのポン酢に近い爽やかな味わいに仕上がるのが魅力です。

レモン果汁の代わりにゆずやかぼすなど、酸味が際立つ柑橘類で代用できます。レモン果汁が少ししかないときは、酢とレモン果汁を混ぜて作るのもおすすめです。少しレモン果汁が入るだけで、爽やかな風味が楽しめますよ。

5. だしと柑橘で本格派!「めんつゆ+レモン果汁」で代用

Photo by 馬原 香織

【割合】めんつゆ2:レモン果汁1
【おすすめレベル】★★★★★
本格的な柑橘類の酸味に、和風だしの風味やみりんの甘味が感じられるめんつゆを合わせると、本格的でまろやかな味わいのポン酢になります。しょうゆで作る場合に比べてやさしい甘みも加わるため、酸味が得意でない方も食べやすいですよ。

また酢の代わりにレモン果汁を合わせることで、本来のポン酢らしい柑橘風味の味わいに仕上がります。酸味が強い味わいがお好みの方は、めんつゆ1:レモン果汁1の割合にするのもおすすめです。

料理によって代用方法を使い分けるのがおすすめ

ポン酢は家庭にある身近な調味料で代用できます。買い忘れたり、少しだけ使いたかったりするときは、手軽に代用レシピを活用してみてくださいね。鍋料理のたれのようにしょうゆ味に酸味が感じられればいいというときは、一番簡単な代用方法でも十分満足できます。

ポン酢が味の決め手となるような料理の調味料として活用するときは、だしやみりん、めんつゆやレモン果汁などを組み合わせて、より本格的味わいの代用方法を試してくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ