ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

季節による体調の変化を整えてくれる、薬膳常備菜

Photo by 宮本信義

寒い冬を越えて春に向かう季節の変わり目は、なんだか体がイマイチだったり、心が落ち着かなかったりといった不調が出やすくなる頃。寒さによる冷えやこわばりも、まだまだ気になります。そんなときこそ、薬膳料理で身体を整えていきましょう。

そこでおすすめしたいのが、薬膳常備菜。和えるだけで簡単に作れる常備菜のレシピを2品紹介します。教えてくれたのは、料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子さん。

Photo by 宮本信義

料理家・国際中医薬膳師/齋藤菜々子さん 飲食店を経営する両親の元で育ち、大学卒業後は一般企業に就職。忙しい日々の中で、食の重要性、特に家庭料理の大切さを実感し料理の道へ。さまざまな症状に合わせて食材や料理を提案できる薬膳の魅力を知り、中医学を学び国際中医薬膳師を取得。もっと身近に薬膳を取り入れてほしいと、家庭料理で実践できるレシピや情報を発信している。近著に『基本調味料で作る体にいいスープ』(主婦と生活社)
「薬膳の考え方のひとつに、季節の食材を選ぶというものがあります。そんな薬膳の食材は常備菜にするのがおすすめ。毎日少しずつ取り入れることで、体質の変化や不調への効果が表れてくるからです。

和えるだけの簡単調理で、時間が経ってもおいしく食べられるようなレシピを考えました。作っておけば3〜4日は保存OK。副菜としていつでもすぐに食べられますよ」と齋藤さん。

齋藤菜々子さん考案、簡単薬膳スープはこちら▼

1. 爽やかにエネルギーチャージ!「にんじんとしょうが・オレンジのラぺ」

Photo by 宮本信義

「にんじんはお腹の調子を整える効果があり、薬膳において滋養に良い食材とされています。春先は情緒不安定になりやすいといわれる時季。オレンジのように香りが豊かな食材は気持ちをリラックスさせてくれます。

香りのある食べ物は、全身の気を巡りやすくしてくれるので、春に取り入れてほしいですね」

レシピに使う食材の効能

・にんじん:消化機能を整える、血を作る
・オレンジ:イライラをやわらげる
・しょうが:体を温める、免疫力を高める

材料

・にんじん……2本(約320g)
・塩……小さじ1/2杯
・しょうが……2かけ(約30g)
・オレンジ……1個
a. 酢……大さじ2杯
a. オリーブオイル……大さじ2杯
a. 砂糖……大さじ1杯
a. 塩……小さじ1/2杯

作り方

1. にんじんを千切りにして塩を振り、水気を切る

Photo by 宮本信義

にんじんは千切りにして、塩小さじ1/2杯を振ってもんでおきます。

Photo by 宮本信義

15分ほど置いたら、しっかり絞って水気を切りましょう。

2. しょうがは千切り、オレンジはいちょう切りにする

Photo by 宮本信義

しょうがは千切りに、オレンジは皮をむいて5mm厚さのいちょう切りにします。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ