衝撃!想像以上に味も本物そのものだった

Photo by akiharahetta

シンプルにとてもおいしい!なぜこれが本物ではないのだろう、と不思議になるほど。家族に感想を聞くと「作り物だとはわからないと思う」という答えが返ってきました。そのくらい忠実に再現されています。

過去に食べたことのある、味のないフェイクいくらとは、まったく別物。大満足の味わいですよ。商品名に偽りなし、本当に「ほぼいくら」でした。

ほぼシリーズの絶品アレンジアイデア3選

1. ひな祭りにぴったり「ほぼいくらちらし寿司」

Photo by akiharahetta

一年のうち、もっともちらし寿司の需要が高まるひな祭りの時期。冒頭に記載したとおり、本品はひなまつり合わせて開発された面もあるそう。

ならば、作らない手はありません。ベースになるちらし寿司には「ほぼカニちらし」を使用し、卵焼きとスナップエンドウをぽんぽんと彩りよく飾ります。仕上げに「ほぼいくら」をたっぷりトッピングしたら完成です。

Photo by akiharahetta

ちらし寿司は、硬めに炊いた白米に「ほぼカニちらし」を混ぜただけ。むずかしい酢飯の味付けは必要ありません。誰でもあっという間においしいカニちらし寿司を作れますよ。

具材は「ほぼカニ」、にんじん、油揚げ。とくに、カニ身はこれでもかというほどたっぷり入っていて、贅沢感いっぱいです。好き嫌いの分かれる、干ししいたけやたけのこが入っておらず、使い勝手よし。ひと袋で1.5合分作れます。

2. のせるだけで完成「デラックス海鮮丼」

Photo by akiharahetta

「ほぼカニ」「ほぼタラバガニ」「ほぼホタテ」の3種を盛り合わせて、海鮮丼を作ってみました。ごはんの上に、ほぼシリーズを並べただけなのに、なんと豪華な出来栄え。まるで魚市場か専門店のようではありませんか。

カニが2種類あるので、タラバガニの方はほぐしてトッピング。なんともリアルで、食欲をそそる一杯が完成しました。食感もかなりリアルですよ。

3. トッピングするだけ「いくらこぼれ巻き寿司」

Photo by akiharahetta

巻き寿司にこぼれんばかりのいくらをのせた、名づけて「いくらこぼれ巻き寿司」です。

ねぎとろ巻きにいくらの赤色がよく映えて、彩り最高。「ほぼいくら」のおかげで、市販の寿司がゴージャスなひと皿に変身しました。ちょうどよい塩気があるので、しょうゆなしでいただけますよ。

通販予約は売り切れ。購入方法は店頭販売のみ

スーパーや小売店での販売は、2022年2月26日(土)~2022年3月3日(木)の6日間です。

カネテツ公式オンラインストアでは、2022年1月20日(木)より予約販売を開始していましたが、残念ながら予定数量に達し次第、予約締め切りとなりました。

「ほぼカニ」「ほぼホタテ」「ほぼタラバガニ」など、通年販売のほぼシリーズは公式オンラインストア、楽天やAmazonから購入できます。

ITEM

ほぼカニ

¥270〜

1包装あたりの内容量:98g(添付カニ酢8g含む) カロリー:74kcal(1包装あたり)

※2022年2月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

ITEM

ほぼホタテ

¥270〜

1包装あたりの内容量:標準78g カロリー:74kcal(1包装あたり)

※2022年2月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

ITEM

ほぼタラバガニ

¥270〜

1包装あたりの内容量:標準120g カロリー:128kcal(1包装あたり)

※2022年2月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

通年販売を熱望!リピートしたくなる完成度

Photo by akiharahetta

見た目、味わいともにリアルで大満足だった「ほぼシリーズ」には、特筆すべき点がまだあります。それは魚介類特有の生臭さがないということ。

生ものではないので当然なのですが、匂いがないってすごいことですよね。洗い物をするとき本当にラクですし、ゴミが臭うこともありません。いやはや、かまぼこ加工品の進化に驚かされました。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
Photos:10枚
小皿にもったカネテツデリカフーズ「ほぼいくら」とパッケージ
青い模様の大皿のカネテツ「ほぼいくら」が3つのっている様子
カネテツデリカフーズのほぼシリーズがテーブルの上に並んでいる様子
カネテツデリカフーズ「ほぼいくら」を木のスプーンですくったところ
木目のお盆にのったカネテツデリカフーズ「ほぼいくら」とパッケージ
カネテツデリカフーズ「ほぼいくら」をのせたちらし寿司と奥にパッケージが見えている様子
カネテツデリカフーズ「ほぼカニちらし」を白いボウルに入った白米に混ぜ込んでいるところに
グレーの器に入ったカネテツデリカフーズほぼシリーズの海鮮丼風とお盆などのテーブルコーディネート
カネテツデリカフーズ「ほぼいくら」をのせたネギトロ巻きと正油さしなどのテーブルコーディネート
カネテツデリカフーズほぼシリーズを使ったアレンジ料理3種を並べた様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ