ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

イタリアスイーツブームの勢いが止まらない

Photo by akikharahetta

マリトッツォやティラミスと立て続けにブームになっているイタリアスイーツ。次の有力候補はカッサータとウワサされているようですが、ちょっと待ってください。新たに注目すべきお菓子を見つけたんです。

その名も「スフォリアテッラ」。トレンドに敏感な一部のベーカリーでは、すでに取り扱われているとか。オンラインのスフォリアテッラ専門店「オスピターレ」を発見し、さっそく購入してみました。

実は、macaroni の2022年トレンド予想でもご紹介しましたが、この記事ではそんなスフォリアテッラの詳しい情報をお届けします。
macaroni のトレンドグルメ予想はこちら▼

「スフォリアテッラ」とは?

「sfogliatella(スフォリアテッラ)」は、イタリア・ナポリ地方の名物。イタリア語で “ひだを何枚も重ねた” という意味をもつ、パイのような焼き菓子です。

貝をかたどった形が特徴で、中身はカスタードクリームやアーモンドクリーム。高温オーブンで焼き上げるため、表面は硬くパリパリとしています。一説では、アマルフィ地方の修道院が発祥と言われているのだとか。

日本の専門店「オスピターレ」のスフォリアテッラ

Photo by akikharahetta

価格:4,200円(税込)12個セット
お取り寄せしたのは、福岡県博多市のスフォリアテッラ専門店「ospitale(オスピターレ)」の『はじめてのスフォリアテッラセット』。初めての方におすすめだという12個セットです。

未知のイタリアスイーツでしたが、日本に専門店があって購入できるなんて嬉しい限り。6種類入りの箱がふたつセットで4,200円(税込)、冷凍のためクール便で届きます。どんな中身なのか、どきどきワクワク……。

箱の中身はいかに。いざオープン!

Photo by akikharahetta

冷凍庫からいそいそと赤い箱を取り出し、いざオープン。中身は個別包装になっており、それぞれのフレーバーが貼ってありますよ。

同店では、手作業でパイ生地を何層にも重ね、1枚1枚がパリパリになるよう焼き上げているそう。丁寧な仕事をしているとよくわかる見た目に感心してしまいました。これはかなり期待できそう……。

どうやって食べるのが正しいの?

Photo by akikharahetta

パリパリとした生地が命のスフォリアテッラ。おいしく食べるためにはどうしたらいいのでしょう。同店の商品には、説明書が同封されています。

自然解凍でも良いそうですが、おすすめは、電子レンジ+トースターのダブル使い。名付けて、焼きたて復活バージョンです。次の実食コーナーでは、すべてこの方法で温めてみることにします。

気になる味は?6種類のフレーバーを食べ比べ

オレンジとシナモンが香る「プレーン味」

Photo by akikharahetta

まずはオーソドックスなプレーン味からご紹介。カスタードなどシンプルなクリームを想像していたら、全然違いました。クリームチーズにオレンジとシナモンが加えられています。

食べてみると「プレーンではなくてスペシャルなのでは?」と言わずにいられない特別感。クリームチーズだけでもおいしいのに、爽やかなオレンジの風味をプラスするなんて、もう最強ではないでしょうか。シナモンで香りづけするところも心憎い。
Photos:12枚
グレーのオーバル皿にのった2個のスフォリアテッラ
大きな柄皿にのったオスピターレの「スフォリアテッラ」の赤いパッケージ箱ふたつ
オスピターレの「スフォリアテッラ」がパッケージ箱の中に並んでいる様子
絵柄皿の上にオスピターレの「スフォリアテッラ」の食べ方説明書が置かれているところ
黒い皿にのったオスピターレ「スフォリアテッラ」プレーン味
半分にカットしたオスピターレ「スフォリアテッラ」チョコレート味が白い皿にのっているところ
半分にカットして中身が見えているオスピターレ「スフォリアテッラ」ピスタチオ味
オスピターレ「スフォリアテッラ」キャラメル味が半分にカットされて白い皿にのっている様子
半分にカットして中身が見えている状態のオスピターレ「スフォリアテッラ」あまおう味
半分にカットして断面が見えた状態のオスピターレ「スフォリアテッラ」和栗マロン味
オスピターレ「スフォリアテッラ」に粉砂糖を振りかけている様子
ダークブラウンの皿にランダムにのったオスピターレ「スフォリアテッラ」
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ