ライター : macaroniリサーチ

あなたの疑問を解明!macaroniリサーチのアカウントです。食の世界には様々な疑問や賛否両論な出来事があります。そんなどちらとも言えないまだ未解決な事柄を徹底リサーチ。料理研究家…もっとみる

好きなチーズの種類、人気ランキングTOP10!

Photo by akiharahetta

ワインのお供から料理のトッピングまで、あらゆるシーンで重宝するチーズ。レストランにはチーズを使ったメニューが、コンビニにはチーズ入りのスイーツが並び、もはや私達の生活に欠かせない食材となっていますよね。

ひとことで「チーズ」と言ってもその種類は多く、味わいは千差万別。みんなはどのチーズが一番好きなのか、ちょっと気になりませんか?

そんな疑問を解明すべく、macaroni 読者にアンケートを実施し、ランキングを作成しました。TOP10に選ばれたチーズを紹介しながら、それぞれの魅力とおすすめのレシピをお伝えしていきます。

調査概要

対象:macaroni 読者
調査期間:2022年1月16日〜2022年1月30日
調査方法:macaroni ランキングで募集
https://ranking.macaro-ni.jp/
回答数:781票

5位 ラクレットチーズ(49票)

Photo by macaroni

ラクレットチーズは、スイスの伝統料理「ラクレット」によく用いられるチーズです。切り口を温め、トロトロになったところを削いで、じゃがいもにつけて食べるのが定番。チーズフォンデュとはまたひと味違い、チーズの旨みをダイレクトに楽しめます。

ナッツやぎんなん、干物のような、独特な芳香が特徴です。一方、香りとは対照的に味わいはいたってマイルド。最近では日本のデパートやチーズ専門店でも取り扱われているので、家庭で気軽に味わえるようになってきています。

4位 チェダーチーズ(56票)

Photo by macaroni

鮮やかなオレンジ色でおなじみのチェダーチーズ。イギリスの南西部に位置するサマセット州チェダー地方発祥のため、その名が付けられていると言われています。クセのない味わいで、サンドイッチの具材やハンバーグのトッピングに大活躍。アメリカの家庭料理「マカロニチーズ」にも欠かせません。

スライスタイプとブロックタイプがありますが、料理に使うならスライスタイプのほうが便利。ブロックのものより入手しやすく、大型のスーパーにはたいてい置かれていますよ。

3位 カマンベールチーズ(110票)

Photo by akiharahetta

カマンベールチーズは、表皮が白カビに覆われた小型のチーズです。中はモチッとやわらかく、熟成が進むごとになめらかさを増していきます。クリーミーでコクがあり、ワインのお供やオードブルに大活躍。クセがないので、子どもにも大人気です。

そのまま食べておいしいのはもちろん、加熱しても絶品!まるごとトースターで焼いたり、パン粉をつけて揚げたりと、さまざまな調理法が楽しめます。

2位 クリームチーズ(154票)

Photo by macaroni

さわやかな酸味となめらかな口あたりが特徴のクリームチーズ。チーズケーキの材料としてよく知られる食材ですよね。ベーグルに塗る人や、パスタソースに使う人もおり、さまざまな食べ方で親しまれています。

プレーンタイプから、ガーリックやペッパーなどのフレーバータイプまで、種類はさまざまです。デザート感覚で楽しむなら、ナッツやフルーツが入ったものがおすすめですよ。

1位 モッツァレラチーズ(174票)

Photo by macaroni

2位と20票の差をつけて、1位にランクインしたモッツァレラチーズ。白くて丸い形状で、そのルックスはまるでつきたてのお餅のようです。イタリア発祥のチーズというだけあって、ピザやパスタなどのイタリア料理によく用いられます。トマトやバジルと合わせた「カプレーゼ」にも大活躍ですよね。

ミルクのやさしい香りと、モチモチとした弾力が持ち味。加熱すると、特有の強い伸びを楽しめます。味にクセがないため、ほかの食材と合わせやすいのも魅力のひとつです。

6〜10位のランキング結果

ここからは6〜10位までのランキングを続けてご紹介していきます。結果が気になる人はもちろん、お気に入りのチーズがまだ登場していないという人も、必見です!

6位 ゴルゴンゾーラチーズ(38票)

Photo by Shutterstock

ゴルゴンゾーラチーズは、イタリアを代表する青カビタイプのチーズです。フランスのロックフォール、イギリスのスティルトンと並び、「世界三大ブルーチーズ」のひとつと言われています。

強い塩気と刺激的な風味が特徴で、はちみつやフルーツと相性ばっちりです。加熱すると香りが少し飛び、マイルドで食べやすくなります。独特な味わいなので好みは分かれますが、好きな人にとってはやみつきになるのだそうですよ。

7位 カッテージチーズ(35票)

Photo by Shutterstock

生乳から乳脂肪分を取り除いた、脱脂乳を原料に作られるのがカッテージチーズ。木綿豆腐を崩したようなポロポロとした形状で、さわやかな酸味と軽い風味が特徴です。味にクセがなく、サラダやパスタのトッピングに重宝されています。

スーパーで気軽に購入できますが、おうちで手作りする人もちらほら。温めた牛乳に酢を加え、分離させるだけでできあがりです。残ったホエイ(乳清)は、スープに活用できるので一石二鳥ですよ♪

8位 ブッラータ(34票)

Photo by akiharahetta

イタリア語で「バターのような」という意味を持つブッラータ。その名の通り、バターのような濃厚な風味が持ち味です。モッツアレラチーズを薄く伸ばし、その中に「ストラッチャテッラ」と呼ばれる、刻んだモッツァレラチーズと生クリームを混ぜたものを詰めて作ります。ナイフを入れるとストラッチャテッラがあふれ出すという、ユニークなチーズですよ。

実はこのブッラータ、「完成から48時間が賞味期限」と言われています。日本でも飲食店で食べられるほか、カルディやドン・キホーテで販売されています。

9位 パルミジャーノ・レッジャーノ(33票)

パルミジャーノ・レッジャーノは、イタリアを代表するチーズで、「イタリアチーズの王様」と呼ばれています。長い熟成期間により水分が抜けるため、食感が硬いのが特徴。スライスしたり、削ったりして食べるのが一般的です。

風味豊かでコクがあり、噛みしめるごとに旨味が広がります。塩気が強く、パスタ、サラダ、スープと、あらゆる料理のアクセントに大活躍。さまざまなメニューに合わせやすいのが、人気を集める理由です。

10位 リコッタチーズ(26票)

チーズ製造時に出てきたホエイ(乳清)を再度加熱し、固めたものがリコッタチーズ。「リコッタ」の名の由来は、「二度煮る」という意味です。

さっぱりとした味わいで、クセがほとんどありません。口当たりがやわらかく、ミルクの甘みがほのかに感じられます。香りが少ないため、チーズのにおいが苦手な人にも大好評。パンケーキやパンに塗ったり、サラダやパスタにのせたりと、使い勝手抜群です。

11位以下は珍しいチーズが続々登場!?

1〜10位に選ばれたチーズは、みなさん見聞きしたことのあるのものが多かったのではないでしょうか?しかし11位以下になると、ちょっぴり珍しいチーズが続々と登場します。興味のある方は、以下のリンクからランキングの続きをチェックしてください。全部知っていたら、あなたはチーズ通ですよ♪

投票を募集中のランキングもありますので、ぜひ参加してみてくださいね。

チーズの人気ランキング結果一覧

  1. 1位 モッツアレラチーズ(174票)
  2. 2位 クリームチーズ(154票)
  3. 3位 カマンベールチーズ(110票)
  4. 4位 チェダーチーズ(56票)
  5. 位5 ラクレットチーズ(49票)
  6. 6位 ゴルゴンゾーラチーズ(38票)
  7. 7位 カッテージチーズ(35票)
  8. 8位 ブッラータ(34票)
  9. 9位 パルミジャーノ・レッジャーノ(33票)
  10. 10位 リコッタチーズ(26票)
そのほかのランキングはこちら▼
Photos:9枚
パスタにもられたブラータ
スキレットに入ったじゃがいも、アスパラ、トマト、ブロッコリーなどの野菜に、ラクレットチーズがトッピングされている
とろとろチーズのツナメルトトースト
紙の上に置かれたカマンベールチーズ
クリームチーズを使ったディップと、カットされたフランスパン5切れと、ステンレスのスプーンが、スレートの上に置かれている
白い楕円形の皿の上にカプレーゼが盛られ、その奥には、ミニトマトとモッツァレラチーズが入ったガラスの器が置かれている
黒い皿に置かれたゴルゴンゾーラチーズ
缶に入ったカッテージチーズ
パスタに盛られたブラータチーズ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ